まだ生徒ではない人は公式サイト

【第4編 実戦・上級編】決済サービスの近未来

この動画を視聴するには会員登録が必要です。
授業がうまく視聴できない方は、Google Chromeでご視聴下さい。

決済サービスの近未来

※この動画は「2021年01月22日」時点の情報をもとに作成しています。

207回再生 5お気に入り

お気に入りに追加
帝京大学経済学部教授の宿輪先生が決済サービスの近未来を予想します。日本では例えば、スーパーでの買い物で数年前まで現金で支払うのが主流でした。しかし、現在はPayPay・LinePayなど電子決済サービスが花盛りです。小口決済において、銀行よりも資金移動業者のプレゼンスが高まっています。宿輪先生は、システム維持コストが大きい銀行が決済事業を主な収入源とするのは既に無理と喝破します。現在は日銀に直接口座開設できるのは銀行のみですが、宿輪先生は将来は資金移動業者も日銀に口座開設する可能性もあるとします。資金移動業者が銀行に準じる扱いとなるわけです。特に、多頻度小口決済については「全銀LITE」導入を予想し、資金移動業者が主役となると予想します。
✖️

新規リスト作成

保存先