メニュー

115の法則

この動画を視聴するには会員登録が必要です。
授業がうまく視聴できない方は、Google Chromeでご視聴下さい。

115の法則

※この動画は「2021年12月02日」時点の情報をもとに作成しています。

294回再生 4お気に入り 公開日 2021年12月8日

お気に入りに追加
意味:金融商品に投資した場合、金利の複利効果を考慮して投資元本を3倍にする投資期間を概算で求めることができる法則。「算式=115÷金利」で算出することができる。計算例として、運用利回りが1%だった場合に投資元本が3倍になるまでの期間は、115÷1(金利)=115(期間)となるので、115年の期間がかかることがわかる。運用利回りが5%だった場合に投資元本が3倍になるまでの期間は、115÷5(金利)=23年の期間がかかる。また115を期間(年)で除するとその期間で必要な単利の金利を求めることができる。
✖️

新規リスト作成

保存先