メニュー

株式持ち合い

この動画を視聴するには会員登録が必要です。
授業がうまく視聴できない方は、Google Chromeでご視聴下さい。

株式持ち合い

※この動画は「2021年12月07日」時点の情報をもとに作成しています。

229回再生 1お気に入り 公開日 2021年12月16日

お気に入りに追加
意味:株式会社同士が、互いの企業の株式を保有し合うこと。事業会社と取引企業等の間によく見られる。株式を持ち合いする企業には、有価証券報告書により保有目的や狙いを開示することが義務付けられている。2015年からは、コーポレートガバナンス・コードでも同様に保有の目的、合理性の説明を開示するよう求められている。株式持ち合いの利点として、大量に株式を保有し合うことで株式市場を通じた企業買収防衛、相互の長期的かつ安定的な取引の維持と強化、経営権の取得、相互に経営状態をチェックするコーポレート・ガバナンスなどが挙げられる。欠点として、一般株主の意向が反映しづらいこと、資本効率が低下することが挙げられる。また、株式の暴落により、相互の経営悪化に繋がる可能性もある。
✖️

新規リスト作成

保存先