GFS無料体験 実施中

詳細はこちら
市川雄一郎

初心者のための
投資単語辞典

をクリックで、単語の意味をこのページ中で簡潔に調べることもできます。

ではじまるー用語(15)

  • 株式相場用語の一つ

    一定期間においてその株式(個別銘柄)の株価上昇率が、日経平均(日経225)やTOPIXなどのベンチマークと比較して、その水準を上回る超過収益率をあげるという意味

    アウトパフォーマンスともいわれる

  • 税務署長の承認を受けて、一定の帳簿書類を備え付けて正規の簿記もしくは簡易簿記に基づいて帳簿を記載し、

    その記帳から所得税又は法人税を計算して申告すること

  • 相場が天井知らずにどこまでも上がりそうな状態。
  • 株式相場用語の一つ

    一定期間においてその株式(個別銘柄)の株価上昇率が、日経平均(日経225)やTOPIXなどのベンチマークと比較して、その水準を上回る超過収益率をあげるという意味

    アウトパフォーマンスともいわれる

  • 税務署長の承認を受けて、一定の帳簿書類を備え付けて正規の簿記もしくは簡易簿記に基づいて帳簿を記載し、

    その記帳から所得税又は法人税を計算して申告すること

  • 相場が天井知らずにどこまでも上がりそうな状態。
  • 出ていった金額が入ってきた金額を超過している状態、また超過額そのもの
  • 運用会社やファンドマネジャーが独自の見通しや投資判断に基づいて、ベンチマーク以上の収益を目指すファンドのこと
  • 相場で用いられる言葉。株価の悪材料が出たら株価が下落するが、悪材料が出尽くすと下落していた株価に歯止めがかかること。
  • 出ていった金額が入ってきた金額を超過している状態、また超過額そのもの
  • 運用会社やファンドマネジャーが独自の見通しや投資判断に基づいて、ベンチマーク以上の収益を目指すファンドのこと
  • 相場で用いられる言葉。株価の悪材料が出たら株価が下落するが、悪材料が出尽くすと下落していた株価に歯止めがかかること。
  • 相場が上昇基調にあること。
  • 今までの株価の値動きのこと 
  • アセット(Asset)は資産、アロケーション(Allocation)は配分で、株式債券などへの投資資産の配分のこと

    ポートフォリオに似た概念だが、アセットアロケーションで大枠を決め、ポートフォリオとして実際に複数の投資商品を組み入れる

  • 相場が上昇基調にあること。
  • 今までの株価の値動きのこと 
  • アセット(Asset)は資産、アロケーション(Allocation)は配分で、株式債券などへの投資資産の配分のこと

    ポートフォリオに似た概念だが、アセットアロケーションで大枠を決め、ポートフォリオとして実際に複数の投資商品を組み入れる

  • 投資対象となる資産の種類や分類のこと
  • 企業が事業年度終了後に、株主や投資家、金融機関などに対して作成する、財務諸表などを記載した年次報告書のこと
  • 理論的根拠がなく合理性に乏しいがよく当たる相場での経験則やそこから一般化される考えのこと
  • 投資対象となる資産の種類や分類のこと
  • 企業が事業年度終了後に、株主や投資家、金融機関などに対して作成する、財務諸表などを記載した年次報告書のこと
  • 理論的根拠がなく合理性に乏しいがよく当たる相場での経験則やそこから一般化される考えのこと
  • 2012年に始まった第2次安倍政権において、安倍首相が表明した「3本の矢」を柱とする経済政策のこと
  • ビットコインなどブロックチェーン技術を使った新しい電子マネーの総称
  • 株式相場用語の一つ

    一定の期間で個別銘柄や投資信託などの上昇率が、ベンチマークとなる日経平均やTOPIXなどと比較して、ベンチマーク以下の水準となることを指す

    アンダーパフォーマンスとも言われる

  • 2012年に始まった第2次安倍政権において、安倍首相が表明した「3本の矢」を柱とする経済政策のこと
  • ビットコインなどブロックチェーン技術を使った新しい電子マネーの総称
  • 株式相場用語の一つ

    一定の期間で個別銘柄や投資信託などの上昇率が、ベンチマークとなる日経平均やTOPIXなどと比較して、ベンチマーク以下の水準となることを指す

    アンダーパフォーマンスとも言われる

ではじまるー用語(26)

  • 債券の満期までの利回りと満期までの期間の関係を示す折れ線グラフのこと

    利回り曲線とも呼ばれる

  • 国債公募入札(競争入札)方式の一つであり、入札者は購入債券価格ではなく利回りを提示する仕組み
  • 株式益利回りと長期国債などの金利(長期金利)との水準を比較したもの長期金利÷株式益利回りで算出することができる
  • 債券の満期までの利回りと満期までの期間の関係を示す折れ線グラフのこと

    利回り曲線とも呼ばれる

  • 国債公募入札(競争入札)方式の一つであり、入札者は購入債券価格ではなく利回りを提示する仕組み
  • 株式益利回りと長期国債などの金利(長期金利)との水準を比較したもの長期金利÷株式益利回りで算出することができる
  • スラム法(シャリーア)に則って規定された金融取引や金融サービスの総称
  • 取引所が株価などの価格決定する方法のひとつ

    簡潔にいうと

    たくさんの注文をまとめて一本の価格に定める方法

    他にはザラ場方式がある

  • 営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得のこと
  • スラム法(シャリーア)に則って規定された金融取引や金融サービスの総称
  • 取引所が株価などの価格決定する方法のひとつ

    簡潔にいうと

    たくさんの注文をまとめて一本の価格に定める方法

    他にはザラ場方式がある

  • 営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得のこと
  • 投資運用業者が投資家の委託を受けて株式債券などで資産運用すること。またその契約。ただし、損失が発生した場合は投資家が負担を負うもの
  • 経済学上の概念。

    財・サービスの価格、取引が自由に行える市場では、同じ商品の価格は一つに決まるという法則を指す。

    自由市場経済において取引が自由に行え、かつ価格に関する情報が十分に与えられるのであれば、国内外を問わず同じ商品の価格は同一となるという説。

  • 時間軸に着目し、ローソク足と5本の補助線(基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、2)を用いて、相場の動きが一目でわかるようなチャートのこと。
  • 投資運用業者が投資家の委託を受けて株式債券などで資産運用すること。またその契約。ただし、損失が発生した場合は投資家が負担を負うもの
  • 経済学上の概念。

    財・サービスの価格、取引が自由に行える市場では、同じ商品の価格は一つに決まるという法則を指す。

    自由市場経済において取引が自由に行え、かつ価格に関する情報が十分に与えられるのであれば、国内外を問わず同じ商品の価格は同一となるという説。

  • 時間軸に着目し、ローソク足と5本の補助線(基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、2)を用いて、相場の動きが一目でわかるようなチャートのこと。
  • 本来得られる権利があるにもかかわらず、債務不履行や不法行為が生じたことによって得られなくなった利益を指す
  • 内閣府が公表する景気の現況を示す指数のこと現在の景気に対しほぼ一致して動く
  • 相場用語 一定期間に相場が同じ幅だけ上がって下がり、または下がって上がり、結局、以前の水準に落ち着くこと
  • 本来得られる権利があるにもかかわらず、債務不履行や不法行為が生じたことによって得られなくなった利益を指す
  • 内閣府が公表する景気の現況を示す指数のこと現在の景気に対しほぼ一致して動く
  • 相場用語 一定期間に相場が同じ幅だけ上がって下がり、または下がって上がり、結局、以前の水準に落ち着くこと
  • 証券口座の区分の一つ。自ら年間の株式などの取引をまとめて、確定申告が必要な口座。
  • 投資によって得られた収益が非課税となる制度
  • ある一定期間の価格の平均値を折れ線グラフで表したもの
  • 証券口座の区分の一つ。自ら年間の株式などの取引をまとめて、確定申告が必要な口座。
  • 投資によって得られた収益が非課税となる制度
  • ある一定期間の価格の平均値を折れ線グラフで表したもの
  • 資産を保有していることで得られる利益のこと
  • 会社の内部情報を知る人が情報公表前に株式の売買を行うこと

    法律で禁止されている

  • 金融機関などの限定された市場参加者が金融取引を行う市場のこと
  • 資産を保有していることで得られる利益のこと
  • 会社の内部情報を知る人が情報公表前に株式の売買を行うこと

    法律で禁止されている

  • 金融機関などの限定された市場参加者が金融取引を行う市場のこと
  • 会社の借入金等の利息の支払い能力を測るための指標

    年間の事業利益(営業利益と受取利息・配当金)が、金融費用(支払利息・割引料)の何倍であるかを示す

  • ある特定のマーケットの動向の指標という意味や市場全体の動きを数値化したものという意味
  • 相場の転換を表した相場用語

  • 会社の借入金等の利息の支払い能力を測るための指標

    年間の事業利益(営業利益と受取利息・配当金)が、金融費用(支払利息・割引料)の何倍であるかを示す

  • ある特定のマーケットの動向の指標という意味や市場全体の動きを数値化したものという意味
  • 相場の転換を表した相場用語

  • ベンチマークとは逆の値動きをするという意味  指数(原指数)の日々の変動率が一定のマイナスの倍率になるように設計された金融商品
  • 一般的に訪日旅行や訪日外国人のこと  本来的には「入ってくる、内向きの」を意味する
  • 物価上昇のこと。モノの値段が上がり、お金の価値が下がること
  • ベンチマークとは逆の値動きをするという意味  指数(原指数)の日々の変動率が一定のマイナスの倍率になるように設計された金融商品
  • 一般的に訪日旅行や訪日外国人のこと  本来的には「入ってくる、内向きの」を意味する
  • 物価上昇のこと。モノの値段が上がり、お金の価値が下がること
  • インフレによる貨幣価値の下落による損失を回避するために、インフレにより価格が上昇する株式や不動産、貴金属などに投資すること
  • 売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝える適格請求書(インボイス)を使う制度
  • インフレによる貨幣価値の下落による損失を回避するために、インフレにより価格が上昇する株式や不動産、貴金属などに投資すること
  • 売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝える適格請求書(インボイス)を使う制度

ではじまるー用語(9)

  • 有価証券の売買の決済をする日。
  • 1990年代初頭のバブル経済崩壊以降、日本の経済成長が停滞したおよそ20年間(30年間)を指す言葉。
  • 売上総利益(粗利)を売上高で割って計算したもの
  • 有価証券の売買の決済をする日。
  • 1990年代初頭のバブル経済崩壊以降、日本の経済成長が停滞したおよそ20年間(30年間)を指す言葉。
  • 売上総利益(粗利)を売上高で割って計算したもの
  • 会社のすべての活動の結果として得られる当期純利益を売上高で割った値。 会社全体の収益力を示す
  • 信用取引に関する規制の一つで、新規の売り建ておよび、信用買い(買い建て)している銘柄の現引きを禁止する措置のこと。

    空売りが禁止されるため「売り禁」と呼ばれる。

  • 信用取引において買い残(買い建玉の残高)よりも売り残(売り建玉の残高)の方が多い状態を指す。空売りが多い=多くの投資家が弱気ということを意味しているが、株価が下落していない場合は、踏み上げ狙いの買いが発生したり、逆日歩が発生する場合などもある
  • 会社のすべての活動の結果として得られる当期純利益を売上高で割った値。 会社全体の収益力を示す
  • 信用取引に関する規制の一つで、新規の売り建ておよび、信用買い(買い建て)している銘柄の現引きを禁止する措置のこと。

    空売りが禁止されるため「売り禁」と呼ばれる。

  • 信用取引において買い残(買い建玉の残高)よりも売り残(売り建玉の残高)の方が多い状態を指す。空売りが多い=多くの投資家が弱気ということを意味しているが、株価が下落していない場合は、踏み上げ狙いの買いが発生したり、逆日歩が発生する場合などもある
  • 株価の上げが鈍く、上昇気配を見せないこと
  • 投資信託を設定し、投資家から集めた資金を運用する会社のこと
  • 投資信託やETFの運用成績や資産状況などを報告する文書のこと
  • 株価の上げが鈍く、上昇気配を見せないこと
  • 投資信託を設定し、投資家から集めた資金を運用する会社のこと
  • 投資信託やETFの運用成績や資産状況などを報告する文書のこと

ではじまるー用語(10)

  • 元本の満期償還の規定がなく、発行体が途中償還を行わない限り永久に利子の支払いが続く債券のこと国や企業などが資金調達を行うために発行する
  • キャッシュフロー計算書本業の収入と支出の差額

     商品やサービス提供など会社の営業活動で得たお金の量を表す

  • 企業が営業活動から得た収益のこと日本の会計においては売上総利益から一般管理費と販売費を差し引いたもの
  • 元本の満期償還の規定がなく、発行体が途中償還を行わない限り永久に利子の支払いが続く債券のこと国や企業などが資金調達を行うために発行する
  • キャッシュフロー計算書本業の収入と支出の差額

     商品やサービス提供など会社の営業活動で得たお金の量を表す

  • 企業が営業活動から得た収益のこと日本の会計においては売上総利益から一般管理費と販売費を差し引いたもの
  • 株式株主資本のこと

  • 株式の発行を伴う資金調達のこと

    株主資本の増加をもたらしうる資金調達の総称
  • いわゆる新興国のことで

    新興国の政府・政府関係機関・企業などの総称

  • 株式株主資本のこと

  • 株式の発行を伴う資金調達のこと

    株主資本の増加をもたらしうる資金調達の総称
  • いわゆる新興国のことで

    新興国の政府・政府関係機関・企業などの総称

  • 家計の消費支出にしめる食料費の比率(%)のこと
  • 他国通貨に対する円の為替相場が高くなること
  • 払い込み・利払い・償還が円貨で行われる海外の発行体が発行する債券
  • 家計の消費支出にしめる食料費の比率(%)のこと
  • 他国通貨に対する円の為替相場が高くなること
  • 払い込み・利払い・償還が円貨で行われる海外の発行体が発行する債券
  • 他国通貨に対する円の為替相場が安くなること
  • 他国通貨に対する円の為替相場が安くなること

ではじまるー用語(14)

  • 金融機関以外の一般事業法人も参加することができる短期金融市場のこと
  • 追加証拠金とも呼ばれる。

    信用取引口座における残高が委託保証金(維持証拠金)の額を下回った場合に、清算期間や証券会社が顧客に対して請求する追加の保証金のこと

  • 競争入札の実施による応募額を落札額で割った数値のこと人気度を示す指標で倍率が大きいほど人気が高いと言える
  • 金融機関以外の一般事業法人も参加することができる短期金融市場のこと
  • 追加証拠金とも呼ばれる。

    信用取引口座における残高が委託保証金(維持証拠金)の額を下回った場合に、清算期間や証券会社が顧客に対して請求する追加の保証金のこと

  • 競争入札の実施による応募額を落札額で割った数値のこと人気度を示す指標で倍率が大きいほど人気が高いと言える
  • 欧州中央銀行(European Central Bank)、略称はECB。ユーロ圏の金融政策を決定する銀行

    欧州単一通貨であるユーロ(EURO)が誕生した時に発足した

  • 新たに発行される債券を発行価格で購入し、償還期限(満期日)まで保有し続けた場合の利回り。
  • 東京証券取引所が定義する時価総額と流動性が高いTOPIX銘柄のうち上位100銘柄。
  • 欧州中央銀行(European Central Bank)、略称はECB。ユーロ圏の金融政策を決定する銀行

    欧州単一通貨であるユーロ(EURO)が誕生した時に発足した

  • 新たに発行される債券を発行価格で購入し、償還期限(満期日)まで保有し続けた場合の利回り。
  • 東京証券取引所が定義する時価総額と流動性が高いTOPIX銘柄のうち上位100銘柄。
  • その日の最後の取引のこと

  • 場が上昇トレンドにあるときに、一時的に相場が下がる調整局面で、買いを入れること
  • オシレーターは一般的には「振り子」「振り幅」という意味で相場の偏りを示すテクニカル指標の総称。相場に明確なトレンドがない状況などの投資判断で力を発揮するとされる
  • その日の最後の取引のこと

  • 場が上昇トレンドにあるときに、一時的に相場が下がる調整局面で、買いを入れること
  • オシレーターは一般的には「振り子」「振り幅」という意味で相場の偏りを示すテクニカル指標の総称。相場に明確なトレンドがない状況などの投資判断で力を発揮するとされる
  • 金融取引に対する規制、税制、為替管理などが優遇され

    国際金融取引の拠点となっている地域のこと

  • 「買う権利」や「売る権利」を売買する取引のこと
  • 価などで上げにつながるような要因が特に見あたらない状況で、憶測や予測、あるいは噂等をもとにして買われること
  • 金融取引に対する規制、税制、為替管理などが優遇され

    国際金融取引の拠点となっている地域のこと

  • 「買う権利」や「売る権利」を売買する取引のこと
  • 価などで上げにつながるような要因が特に見あたらない状況で、憶測や予測、あるいは噂等をもとにして買われること
  • 株式債券等の伝統的な資産以外への投資を指す

    オルタナティブは「代替の」という意味
  • 証券取引において、その日の最後に取引された価格のこと。
  • 株式債券等の伝統的な資産以外への投資を指す

    オルタナティブは「代替の」という意味
  • 証券取引において、その日の最後に取引された価格のこと。

ではじまるー用語(47)

  • 円を米ドルやユーロなどの外貨に換えて運用する金融商品を外貨建て金融商品といい、金利や利回りも外貨建てで表示される
  • 保険料の支払や保険金・解約返戻金などの受取を米ドルや豪ドルなどの外貨で行う個人年金保険のこと。
  • 1996年11月に第2次橋本内閣が提唱した日本の金融・証券市場制度の大改革のこと。
  • 円を米ドルやユーロなどの外貨に換えて運用する金融商品を外貨建て金融商品といい、金利や利回りも外貨建てで表示される
  • 保険料の支払や保険金・解約返戻金などの受取を米ドルや豪ドルなどの外貨で行う個人年金保険のこと。
  • 1996年11月に第2次橋本内閣が提唱した日本の金融・証券市場制度の大改革のこと。
  • 海外の企業が発行する株式のこと
  • 異なる通貨を交換することです
  • 日本の証券市場に投資する外国籍の投資家のこと
  • 海外の企業が発行する株式のこと
  • 異なる通貨を交換することです
  • 日本の証券市場に投資する外国籍の投資家のこと
  • 売買数量や金額のうち、売りよりも買いの方が多いこと。
  • 単語には法令による定義はなく、現在は様々な意味で使われます。

    一般的には

    発行者

    発行市場

    発行通貨

    などが外国と関わる債券のことを言う

  • 東洋経済新報社が発行する企業の特色や注目材料、業績、財務内容、株価の動きをコンパクトにまとめた季刊雑誌。現在はオンラインが主流。
  • 売買数量や金額のうち、売りよりも買いの方が多いこと。
  • 単語には法令による定義はなく、現在は様々な意味で使われます。

    一般的には

    発行者

    発行市場

    発行通貨

    などが外国と関わる債券のことを言う

  • 東洋経済新報社が発行する企業の特色や注目材料、業績、財務内容、株価の動きをコンパクトにまとめた季刊雑誌。現在はオンラインが主流。
  • 信用取引において買い残(買い建て玉の残高)が、売り残(空売りの残高)よりも多い状態を指す。売り長の対義語として使われるが、売り長ほどは用いられない。


  • 保険契約を解約した場合などに、契約者が受け取るお金のこと。
  • 価格が変動することで資産価値が変動する可能性を含めた振れ幅のこと
  • 信用取引において買い残(買い建て玉の残高)が、売り残(空売りの残高)よりも多い状態を指す。売り長の対義語として使われるが、売り長ほどは用いられない。


  • 保険契約を解約した場合などに、契約者が受け取るお金のこと。
  • 価格が変動することで資産価値が変動する可能性を含めた振れ幅のこと
  • 厚生年金の被保険者が65歳に到達した時点で、被保険者が扶養する子供や配偶者がいる場合に支給される年金のこと
  • 格付け会社が債券やその発行体の信用を分析しランク付けしたもの。信用力や元利金の支払い能力の安全性などを総合的にみた指標。
  • 企業年金の一種で、従業員が将来受け取る「給付額」があらかじめ約束されている企業年金制度です。

    給付額があらかじめ確定しているので、確定給付年金と呼ばれます。

  • 厚生年金の被保険者が65歳に到達した時点で、被保険者が扶養する子供や配偶者がいる場合に支給される年金のこと
  • 格付け会社が債券やその発行体の信用を分析しランク付けしたもの。信用力や元利金の支払い能力の安全性などを総合的にみた指標。
  • 企業年金の一種で、従業員が将来受け取る「給付額」があらかじめ約束されている企業年金制度です。

    給付額があらかじめ確定しているので、確定給付年金と呼ばれます。

  • 拠出した掛金とその運用益の合計を自らの判断で運用し、その運用結果次第で受給する年金額が変わってくるという年金制度のこと。
  • 日本の租税に関する申告手続のこと

    個人がその年初から年末まで一年を課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や扶養親族の状況等から所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること

  • 債券売買する際の最低申し込み単位のこと
  • 拠出した掛金とその運用益の合計を自らの判断で運用し、その運用結果次第で受給する年金額が変わってくるという年金制度のこと。
  • 日本の租税に関する申告手続のこと

    個人がその年初から年末まで一年を課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や扶養親族の状況等から所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること

  • 債券売買する際の最低申し込み単位のこと
  • 貸株サービス(Stock Lending)とは、投資家が保有する株券を証券会社に一時的にレンタルすることにより、証券会社より貸株料とよばれる金利を受け取ることができるサービスのこと。

    ストックレンディングとも呼ばれる。主にネット証券を中心に個人投資家向けにサービスが提供されている。

  • 直近の価格に比重を置いた価格の値動きに反応しやすい移動平均線
  • 手取り収入のことを指し、収入のうち税金や社会保険料などを除いた所得で、自分で自由に使えるお金のこと
  • 貸株サービス(Stock Lending)とは、投資家が保有する株券を証券会社に一時的にレンタルすることにより、証券会社より貸株料とよばれる金利を受け取ることができるサービスのこと。

    ストックレンディングとも呼ばれる。主にネット証券を中心に個人投資家向けにサービスが提供されている。

  • 直近の価格に比重を置いた価格の値動きに反応しやすい移動平均線
  • 手取り収入のことを指し、収入のうち税金や社会保険料などを除いた所得で、自分で自由に使えるお金のこと
  • 所得税の課税対象となる所得のこと
  • 発行している株式1株あたりの値段のこと

  • 株式会社が資金を出資してもらった人に対して発行する証券のこと
  • 所得税の課税対象となる所得のこと
  • 発行している株式1株あたりの値段のこと

  • 株式会社が資金を出資してもらった人に対して発行する証券のこと
  • 1株当たり利益(EPS)を株価で割ったもので株価の割安性を表す指標
  • 株式を発行している会社のこと
  • 組織再編を目的とした手続きのことで完全子会社となる会社(対象会社)の発行済株式のすべてを完全親会社となる会社(株式会社または合同会社)に取得させること
  • 1株当たり利益(EPS)を株価で割ったもので株価の割安性を表す指標
  • 株式を発行している会社のこと
  • 組織再編を目的とした手続きのことで完全子会社となる会社(対象会社)の発行済株式のすべてを完全親会社となる会社(株式会社または合同会社)に取得させること
  • ポートフォリオの中に株式を組み入れることができる投資信託のこと
  • 1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすこと
  • 発行済み株式総数を減らすこと  通常は2:1の株式併合というように既存株主の株数を減らす

    株主にとっては株数は減るが同時に発行済み株式総数も同比率で減少するのでコストはかからない

  • ポートフォリオの中に株式を組み入れることができる投資信託のこと
  • 1株をいくつかに分割し、発行済みの株式数を増やすこと
  • 発行済み株式総数を減らすこと  通常は2:1の株式併合というように既存株主の株数を減らす

    株主にとっては株数は減るが同時に発行済み株式総数も同比率で減少するのでコストはかからない

  • 複数の上場企業が相互に株式を保有し合っていること。
  • 毎月定額で株式などを購入する投資方法のことで、「るいとう」とも呼ばれる
  • 株式を持っている個人や会社など
  • 複数の上場企業が相互に株式を保有し合っていること。
  • 毎月定額で株式などを購入する投資方法のことで、「るいとう」とも呼ばれる
  • 株式を持っている個人や会社など
  • 株式会社の最高意思決定機関。株主が会社の基本的な方針や重要な事項を決定する場。

    会社法で年1回以上の開催が必要。

  • 会社が得た利益を、配当や自社株買い株主に配分すること
  • 一定の株数以上を保有している株主に対して、配当金以外のモノやサービスを贈呈する制度のこと
  • 株式会社の最高意思決定機関。株主が会社の基本的な方針や重要な事項を決定する場。

    会社法で年1回以上の開催が必要。

  • 会社が得た利益を、配当や自社株買い株主に配分すること
  • 一定の株数以上を保有している株主に対して、配当金以外のモノやサービスを贈呈する制度のこと
  • 企業の資金調達の方法として、新株式の割り当てを受ける権利を既存の株主に与えて行う増資のこと
  • 企業業績などでそれまで予想されていた数値を、

    低い数値に設定し直すこと
  • 手元に持っていない株式などの金融資産を、信用取引などを利用して売り注文をすること
  • 企業の資金調達の方法として、新株式の割り当てを受ける権利を既存の株主に与えて行う増資のこと
  • 企業業績などでそれまで予想されていた数値を、

    低い数値に設定し直すこと
  • 手元に持っていない株式などの金融資産を、信用取引などを利用して売り注文をすること
  • 円高円安といった為替変動による外貨資産の円ベースの価値の変化を回避する取引のこと
  • 円と外国の為替相場の変動により、損や利益が変わる可能性のこと
  • 通貨を他の国の通貨に交換する外国為替の取引価格、交換比率。為替相場とも言う
  • 円高円安といった為替変動による外貨資産の円ベースの価値の変化を回避する取引のこと
  • 円と外国の為替相場の変動により、損や利益が変わる可能性のこと
  • 通貨を他の国の通貨に交換する外国為替の取引価格、交換比率。為替相場とも言う
  • 「お金を借りる人」と「お金を貸す人」の間に、銀行などの預貯金取扱金融機関が入って、お金のやり取りを調整する仕組み
  • 15歳以上の働く意欲のある人のうち、無職で仕事を探している人(完全失業者)の割合のこと
  • 投資対象国や地域において

    災害や紛争などの影響で投資した資産の価値が変動する可能性のこと

  • 「お金を借りる人」と「お金を貸す人」の間に、銀行などの預貯金取扱金融機関が入って、お金のやり取りを調整する仕組み
  • 15歳以上の働く意欲のある人のうち、無職で仕事を探している人(完全失業者)の割合のこと
  • 投資対象国や地域において

    災害や紛争などの影響で投資した資産の価値が変動する可能性のこと

  • 金融商品の時価が当初購入に充てた代金を下回ってしまうこと
  • 上場廃止基準に該当する可能性のある場合に、証券取引所によって指定される銘柄のことです。

    つまり上場廃止とは決まっていないが、

    上場廃止になる可能性があり、その審査・確認中の銘柄です。
  • 金融商品の時価が当初購入に充てた代金を下回ってしまうこと
  • 上場廃止基準に該当する可能性のある場合に、証券取引所によって指定される銘柄のことです。

    つまり上場廃止とは決まっていないが、

    上場廃止になる可能性があり、その審査・確認中の銘柄です。

ではじまるー用語(24)

  • 個人投資家らの拠出した巨額の資金を有価証券等で運用・管理する社団や法人などの大口投資家
  • 従業員の年金として企業が導入できる、運用を従業員自身で行う制度のこと。
  • 会社や個人が公的年金に上乗せして任意で加入する私的年金のこと

    確定給付企業年金(規約型/基金型)と確定拠出年金(企業型DC)がある

  • 個人投資家らの拠出した巨額の資金を有価証券等で運用・管理する社団や法人などの大口投資家
  • 従業員の年金として企業が導入できる、運用を従業員自身で行う制度のこと。
  • 会社や個人が公的年金に上乗せして任意で加入する私的年金のこと

    確定給付企業年金(規約型/基金型)と確定拠出年金(企業型DC)がある

  • 日本銀行が公表する、企業間で売買される物品の価格変動を示す指標のこと
  • 会社の最高意思決定機関である株主総会で、株主が決議に参加して票を入れることができる権利。
  • 国際的な為替市場で中心に扱われている通貨のこと。キーカレンシーとも呼ばれる。

    基軸通貨は世界的な取引で安定的に利用できる通貨

  • 日本銀行が公表する、企業間で売買される物品の価格変動を示す指標のこと
  • 会社の最高意思決定機関である株主総会で、株主が決議に参加して票を入れることができる権利。
  • 国際的な為替市場で中心に扱われている通貨のこと。キーカレンシーとも呼ばれる。

    基軸通貨は世界的な取引で安定的に利用できる通貨

  • 投資信託の値段のこと
  • 株式の通常配当以外に、例えば会社の創立30周年などを記念し、増配されるもの。

    配当を将来も引き上げるのではなく、一時的であることを示す意味合いもある。

  • 既に発行され流通市場で売買されている債券のこと
  • 投資信託の値段のこと
  • 株式の通常配当以外に、例えば会社の創立30周年などを記念し、増配されるもの。

    配当を将来も引き上げるのではなく、一時的であることを示す意味合いもある。

  • 既に発行され流通市場で売買されている債券のこと
  • 一般的に 営業年度を1年とする会社が、決算期末に行う配当のこと決算によって確定した財務状況を踏まえ、株主総会の承認を得て分配される
  • 通常、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法
  • 信用取引の売り手が支払う可能性のある追加コスト品資料(しながしりょう)ともいう
  • 一般的に 営業年度を1年とする会社が、決算期末に行う配当のこと決算によって確定した財務状況を踏まえ、株主総会の承認を得て分配される
  • 通常、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法
  • 信用取引の売り手が支払う可能性のある追加コスト品資料(しながしりょう)ともいう
  • 会社がどのようにお金を得て、どのように使ったかのお金の流れをまとめたもの
  • 資産の売却によって得られる利益のこと
  • 所得税における所得の区分の一つで、源泉徴収する前の給与・賞与などの収入金額から給与所得控除額を差し引いた金額。
  • 会社がどのようにお金を得て、どのように使ったかのお金の流れをまとめたもの
  • 資産の売却によって得られる利益のこと
  • 所得税における所得の区分の一つで、源泉徴収する前の給与・賞与などの収入金額から給与所得控除額を差し引いた金額。
  • 日銀短観で企業の景況感を示す指数。
  • 金利等の要因よりも、個別企業の業績拡大を要因として株価が上昇する局面のこと
  • 契約を締結するために複数の契約希望者から内容や入札金額を提示させ、内容や金額から契約者を決める方法のこと通常、国債の発行において採用されている入札方式。
  • 日銀短観で企業の景況感を示す指数。
  • 金利等の要因よりも、個別企業の業績拡大を要因として株価が上昇する局面のこと
  • 契約を締結するために複数の契約希望者から内容や入札金額を提示させ、内容や金額から契約者を決める方法のこと通常、国債の発行において採用されている入札方式。
  • 市場に出回るお金の供給量を増やしたり、金利を下げることで経済を活発化させ、景気回復を図る金融政策のこと
  • 金融緩和やカネ余りを背景に上昇する株式相場のこと。
  • 中央銀行が景気過熱やインフレ抑制のために実施する金融政策のこと

  • 市場に出回るお金の供給量を増やしたり、金利を下げることで経済を活発化させ、景気回復を図る金融政策のこと
  • 金融緩和やカネ余りを背景に上昇する株式相場のこと。
  • 中央銀行が景気過熱やインフレ抑制のために実施する金融政策のこと

  • 1996年11月に第2次橋本内閣が提唱した日本の金融・証券市場制度の大改革のこと
  • 金融や経済に関する知識や判断力のこと
  • 投資した金額に対して支払われる年間利息の割合のこと
  • 1996年11月に第2次橋本内閣が提唱した日本の金融・証券市場制度の大改革のこと
  • 金融や経済に関する知識や判断力のこと
  • 投資した金額に対して支払われる年間利息の割合のこと

ではじまるー用語(10)

  • 契約の申し込みや締結をした場合、一定の期間であれば無条件で契約を撤回や解除できる制度のこと
  • 群衆と資金調達を組み合わせた造語で、がプロジェクトを立ち上げた人や法人に対し多数の人が少額の資金援助などの支援を行うこと
  • 現在の化石燃料を使った社会システムを、クリーン燃料を利用した社会へ変革すること
  • 契約の申し込みや締結をした場合、一定の期間であれば無条件で契約を撤回や解除できる制度のこと
  • 群衆と資金調達を組み合わせた造語で、がプロジェクトを立ち上げた人や法人に対し多数の人が少額の資金援助などの支援を行うこと
  • 現在の化石燃料を使った社会システムを、クリーン燃料を利用した社会へ変革すること
  • 地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど環境分野への取り組みのために発行する債券
  • 株式等の相殺できなかった損失金額を確定申告で翌年に繰り越すことができる制度のこと
  • 高い成長性が見込める銘柄を一般にグロース銘柄、グロース株、成長株と呼び、これらの銘柄に投資する運用をグロース型投資と言う
  • 地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど環境分野への取り組みのために発行する債券
  • 株式等の相殺できなかった損失金額を確定申告で翌年に繰り越すことができる制度のこと
  • 高い成長性が見込める銘柄を一般にグロース銘柄、グロース株、成長株と呼び、これらの銘柄に投資する運用をグロース型投資と言う
  • 東京証券取引所の市場区分で比較的規模の小さい成長を期待されているベンチャー企業などが参加する株式市場のこと

  • 投資信託の運用安定化のためなどで、投資信託の新規設定後の一定期間は解約を禁止する解約禁止期間。クローズド期間の無い投資信託もある。
  • 入ってきた金額が出ていった金額を上回って剰余が生じた状態、または剰余そのもの。
  • 東京証券取引所の市場区分で比較的規模の小さい成長を期待されているベンチャー企業などが参加する株式市場のこと

  • 投資信託の運用安定化のためなどで、投資信託の新規設定後の一定期間は解約を禁止する解約禁止期間。クローズド期間の無い投資信託もある。
  • 入ってきた金額が出ていった金額を上回って剰余が生じた状態、または剰余そのもの。
  • 損益計算書上では黒字であるものの、資金繰りの関係で法人などが倒産してしまうこと
  • 損益計算書上では黒字であるものの、資金繰りの関係で法人などが倒産してしまうこと

ではじまるー用語(19)

  • 景気に敏感な職種の約2000人にインタビューして調査結果を集計・分析して内閣府が発表する景気指標。
  • 内閣府が出す、産業、金融、労働など、経済に重要かつ景気に敏感な30項目の総合的な指標。
  • 企業が通常の業務から得る利益のこと。営業利益に対して本業以外の収支や財務活動などのから損益を加算して計算する
  • 景気に敏感な職種の約2000人にインタビューして調査結果を集計・分析して内閣府が発表する景気指標。
  • 内閣府が出す、産業、金融、労働など、経済に重要かつ景気に敏感な30項目の総合的な指標。
  • 企業が通常の業務から得る利益のこと。営業利益に対して本業以外の収支や財務活動などのから損益を加算して計算する
  • 定期間における収益と費用の計算により損益を求め、決算日時点における資産、負債、純資産の財務状況などを確定する手続きのこと。
  • 上場企業が決算発表時期に作成する決算情報のこと

    1事業年度における業績や財務などの状況を総合的に示す

  • 相場用語。

    株式債券、為替などで、「売りたい価格」と「買いたい価格」を示し、売買の目安になる価格

  • 定期間における収益と費用の計算により損益を求め、決算日時点における資産、負債、純資産の財務状況などを確定する手続きのこと。
  • 上場企業が決算発表時期に作成する決算情報のこと

    1事業年度における業績や財務などの状況を総合的に示す

  • 相場用語。

    株式債券、為替などで、「売りたい価格」と「買いたい価格」を示し、売買の目安になる価格

  • 定資産の購入費用を使用可能期間にわたって分割して費用計上し、費用の回収を図る会計処理のこと
  • 先物・オプション取引の取引できる期限の月を「限月」と呼ぶまた、特定の限月を対象とする商品は「~月限(ぎり)」と呼ばれ、たとえば3月を限月とする商品は「3月限(さんがつぎり)」と呼ぶ
  • 金融派生商品が派生する元となる資産のこと

  • 定資産の購入費用を使用可能期間にわたって分割して費用計上し、費用の回収を図る会計処理のこと
  • 先物・オプション取引の取引できる期限の月を「限月」と呼ぶまた、特定の限月を対象とする商品は「~月限(ぎり)」と呼ばれ、たとえば3月を限月とする商品は「3月限(さんがつぎり)」と呼ぶ
  • 金融派生商品が派生する元となる資産のこと

  • 給与・利子・配当等を受け取るとき、予め所得税等を差し引かれる制度
  • 他の所得と全く分離して、所得を支払う者がその所得の支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで所得税の納税が完結するというもの
  • 当初予定していた固定資産の投資額の回収が見込めない時に、取得価額を減額する会計処理のこと減損処理ともいう
  • 給与・利子・配当等を受け取るとき、予め所得税等を差し引かれる制度
  • 他の所得と全く分離して、所得を支払う者がその所得の支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで所得税の納税が完結するというもの
  • 当初予定していた固定資産の投資額の回収が見込めない時に、取得価額を減額する会計処理のこと減損処理ともいう
  • リスクを抑えながら一定のリターンを得るためには、多数の銘柄や複数の資産に分散して投資することが有効であると示した理論です。

  • 信用取引の決済方法のひとつ。

    信用買いをしている場合に証券会社から借りている資金を証券会社に渡すことにより、買付資金を返済して現物株として保有するように切り替えることをさす。

  • 決済時に現物と現金の取引が行われる取引
  • リスクを抑えながら一定のリターンを得るためには、多数の銘柄や複数の資産に分散して投資することが有効であると示した理論です。

  • 信用取引の決済方法のひとつ。

    信用買いをしている場合に証券会社から借りている資金を証券会社に渡すことにより、買付資金を返済して現物株として保有するように切り替えることをさす。

  • 決済時に現物と現金の取引が行われる取引
  • 配当や株主優待などを受ける権利がなくなる日。具体的には株主としての権利確定日の翌営業日。
  • 株主が株主として株主名簿に掲載され、配当金などの権利を確定する日のこと

    一般的にはその企業の決算

  • 権利確定日株主として株主名簿に掲載され、配当金などの株主権利を得ることができる最終売買日
  • 配当や株主優待などを受ける権利がなくなる日。具体的には株主としての権利確定日の翌営業日。
  • 株主が株主として株主名簿に掲載され、配当金などの権利を確定する日のこと

    一般的にはその企業の決算

  • 権利確定日株主として株主名簿に掲載され、配当金などの株主権利を得ることができる最終売買日
  • 信用売り(空売り)の決済方法のひとつ

    空売りは証券会社から株券を借りて、その株券を売っている状態を指すが、別途保有する現物株を証券会社に渡すことで信用売りを決済する方法のこと

  • 信用売り(空売り)の決済方法のひとつ

    空売りは証券会社から株券を借りて、その株券を売っている状態を指すが、別途保有する現物株を証券会社に渡すことで信用売りを決済する方法のこと

ではじまるー用語(24)

  • 「会社は経営者のものではなく、株主のもの」という考え方から、経営者が株主利益の最大化を達成するために企業の運営を行うよう企業経営を監視する仕組み

    CorporateGovernanceは「企業統治」と訳される

  • 満期に到達する前に償還できる債券
  • 金融機関が日々の短期的資金の過不足を調整する、個人が参加できないインターバンク市場。money at call、呼べば直ちに戻ってくる資金が語源。
  • 「会社は経営者のものではなく、株主のもの」という考え方から、経営者が株主利益の最大化を達成するために企業の運営を行うよう企業経営を監視する仕組み

    CorporateGovernanceは「企業統治」と訳される

  • 満期に到達する前に償還できる債券
  • 金融機関が日々の短期的資金の過不足を調整する、個人が参加できないインターバンク市場。money at call、呼べば直ちに戻ってくる資金が語源。
  • チャート分析の用語で、短期の移動平均線が長期のそれを下から上に交差して抜けること。上昇相場のシグナルとされる。
  • 運用資金を「守り」と「攻め」に分けて、それぞれ目的に合った商品に投資する方法
  • 国や地方公共団体、民間企業などが発行する国債・地方債・社債などを合わせた債券の総称
  • チャート分析の用語で、短期の移動平均線が長期のそれを下から上に交差して抜けること。上昇相場のシグナルとされる。
  • 運用資金を「守り」と「攻め」に分けて、それぞれ目的に合った商品に投資する方法
  • 国や地方公共団体、民間企業などが発行する国債・地方債・社債などを合わせた債券の総称
  • 公社債及び短期の資金取引で運用し、株式などを一切組み入れない投資信託
  • 社会保障の観点から国が行う財政援助や税制優遇措置を与えた年金制度で、国民年金、厚生年金(共済年金は厚生年金に一本化された)がある
  • 経済学の数学モデルに心理学的に観察された事実を取り入れていく研究手法
  • 公社債及び短期の資金取引で運用し、株式などを一切組み入れない投資信託
  • 社会保障の観点から国が行う財政援助や税制優遇措置を与えた年金制度で、国民年金、厚生年金(共済年金は厚生年金に一本化された)がある
  • 経済学の数学モデルに心理学的に観察された事実を取り入れていく研究手法
  • 投資信託や株式などを買うときに販売会社に対して支払う手数料のこと
  • 世界各国における物価(生活水準)を比較するための経済指標の一つ。

    Purchasing Power Parityの頭文字をとってPPPともいう

  • 新しく発行する有価証券(株式等)の募集を行う時、不特定かつ多数の投資家に対して勧誘すること。 対義語は私募
  • 投資信託や株式などを買うときに販売会社に対して支払う手数料のこと
  • 世界各国における物価(生活水準)を比較するための経済指標の一つ。

    Purchasing Power Parityの頭文字をとってPPPともいう

  • 新しく発行する有価証券(株式等)の募集を行う時、不特定かつ多数の投資家に対して勧誘すること。 対義語は私募
  • 新しく株式などを発行する時に不特定かつ多数の投資家に対して発行し勧誘すること
  • 国が発行する債券のこと
  • 国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せされる個人で運用を自身で行う年金制度の一つ。
  • 新しく株式などを発行する時に不特定かつ多数の投資家に対して発行し勧誘すること
  • 国が発行する債券のこと
  • 国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せされる個人で運用を自身で行う年金制度の一つ。
  • 個人の投資家のこと。特別な資格などは不要で、誰でも投資家になることができる。反社会勢力は投資家になれない
  • 国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せする形で、個人が自分で加入する年金のこと
  • 個人しか買えない国債
  • 個人の投資家のこと。特別な資格などは不要で、誰でも投資家になることができる。反社会勢力は投資家になれない
  • 国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せする形で、個人が自分で加入する年金のこと
  • 個人しか買えない国債
  • 住宅ローンや債券などで使う金利

    固定金利は最初から満期まで金利が一定のもの。

  • 企業が販売を目的とはせずに数年間使用を継続する目的で購入した資産のこと。固定資産は「有形固定資産」「無形固定資産」「投資その他の資産」の三種類に分類される
  • 東京証券取引所の午後の取引時間。具体的には12:30〜15:00
  • 住宅ローンや債券などで使う金利

    固定金利は最初から満期まで金利が一定のもの。

  • 企業が販売を目的とはせずに数年間使用を継続する目的で購入した資産のこと。固定資産は「有形固定資産」「無形固定資産」「投資その他の資産」の三種類に分類される
  • 東京証券取引所の午後の取引時間。具体的には12:30〜15:00
  • 優良企業が短期資金調達のために公開市場で発行する無担保の債券のこと
  • 投資対象の商品で主に資源エネルギー、農産物類、貴金属類などがある。
  • 債券公募入札(競争入札)方式の一つ入札者が債券価格を提示し、入札価格の高い順に発行予定額に達するまで応札する入札方式


  • 優良企業が短期資金調達のために公開市場で発行する無担保の債券のこと
  • 投資対象の商品で主に資源エネルギー、農産物類、貴金属類などがある。
  • 債券公募入札(競争入札)方式の一つ入札者が債券価格を提示し、入札価格の高い順に発行予定額に達するまで応札する入札方式


ではじまるー用語(15)

  • サラリーマンが賃金から天引きでお金の積み立てる法的な制度。
  • 国や企業などの発行体が、投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券のこと
  • 債券を購入した日から、償還期日まで保有した場合の利回り。
  • サラリーマンが賃金から天引きでお金の積み立てる法的な制度。
  • 国や企業などの発行体が、投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券のこと
  • 債券を購入した日から、償還期日まで保有した場合の利回り。
  • 主に金融機関や機関投資家が、似たような商品だが異なる市場間での価格差などを利用して売買する取引。

    例えば国債市場と金利スワップ市場など。

  • キャッシュフロー計算書の区分のうち、財務活動によるお金の増減を表します。

  • 自己資本を1とした場合に、何倍の総資本を事業に投下しているかを表した指標。
  • 主に金融機関や機関投資家が、似たような商品だが異なる市場間での価格差などを利用して売買する取引。

    例えば国債市場と金利スワップ市場など。

  • キャッシュフロー計算書の区分のうち、財務活動によるお金の増減を表します。

  • 自己資本を1とした場合に、何倍の総資本を事業に投下しているかを表した指標。
  • 将来の価格についてあらかじめ現時点で約束をする取引。
  • 株式などの注文方法の1つ。希望する売買価格を指定して発注する方法
  • 債券の資金使途が、地球環境および社会課題解決のプロジェクトに使われる債券。
  • 将来の価格についてあらかじめ現時点で約束をする取引。
  • 株式などの注文方法の1つ。希望する売買価格を指定して発注する方法
  • 債券の資金使途が、地球環境および社会課題解決のプロジェクトに使われる債券。
  • 利子所得配当所得、不動産所得、事業所得給与所得退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得

    いずれにも当たらない所得

  • 為替や株価などの相場を大きく動かすような予想外のニュースや材料が出ること。具体的には企業の合併や新製品開発ニュース、各種経済データの発表、主要国の要人発言など
  • 海外の発行体が、日本国内市場で発行する円建て債券のこと
  • 利子所得配当所得、不動産所得、事業所得給与所得退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得

    いずれにも当たらない所得

  • 為替や株価などの相場を大きく動かすような予想外のニュースや材料が出ること。具体的には企業の合併や新製品開発ニュース、各種経済データの発表、主要国の要人発言など
  • 海外の発行体が、日本国内市場で発行する円建て債券のこと
  • 株式取引の寄り付き(スタート)から引け(終わり)までの取引時間のこと
  • 債券償還されるまでの期間のこと
  • 企業が解散することになった場合に発生する株主の企業に対する権利のひとつ

     企業が解散・清算手続きにより負債の返済が完了しても

    まだ財産が残った場合に株主がその持分割合に応じて残余財産の分配を請求できる権利のこと

  • 株式取引の寄り付き(スタート)から引け(終わり)までの取引時間のこと
  • 債券償還されるまでの期間のこと
  • 企業が解散することになった場合に発生する株主の企業に対する権利のひとつ

     企業が解散・清算手続きにより負債の返済が完了しても

    まだ財産が残った場合に株主がその持分割合に応じて残余財産の分配を請求できる権利のこと

ではじまるー用語(49)

  • 創業前または創業後間もない企業が行う資金調達のこと。
  • 買い付けた金融商品が大幅に下落し、売却した場合に損が発生するため、売却できずに長期で保有している状態のこと。
  • 上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値や規模を評価する際の指標である。
  • 創業前または創業後間もない企業が行う資金調達のこと。
  • 買い付けた金融商品が大幅に下落し、売却した場合に損が発生するため、売却できずに長期で保有している状態のこと。
  • 上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値や規模を評価する際の指標である。
  • 事業や会社の経営を後継者に引き継ぐこと
  • 農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得を指す
  • 一般的な債券とは異なる特別な仕組みが施されている債券のこと。
  • 事業や会社の経営を後継者に引き継ぐこと
  • 農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得を指す
  • 一般的な債券とは異なる特別な仕組みが施されている債券のこと。
  • 総資産から負債を引いたもので、返済する必要がない資金のこと
  • 貸借対照表の総資本に対する純資産の割合。その企業の安全性の指標の1つ。
  • 投資は投資者自身の判断と責任において売買などを行う考え方。投資家が自らのリスク判断でその取引を行って損失しても、損失は自ら負担する原則。
  • 総資産から負債を引いたもので、返済する必要がない資金のこと
  • 貸借対照表の総資本に対する純資産の割合。その企業の安全性の指標の1つ。
  • 投資は投資者自身の判断と責任において売買などを行う考え方。投資家が自らのリスク判断でその取引を行って損失しても、損失は自ら負担する原則。
  • 築いた資産を維持しながら、金利や運用によって収入を得ながら資産を増やす、あるいはそれだけで生活をする時期
  • 定年退職を迎えるまでの現役時代に、勤労収入や投資などで資産を作る時期を指す
  • 企業が自らの株式を取得する方法の一つで、株式市場から発行済みの株式を自らの資金等を使って買い戻すこと。
  • 築いた資産を維持しながら、金利や運用によって収入を得ながら資産を増やす、あるいはそれだけで生活をする時期
  • 定年退職を迎えるまでの現役時代に、勤労収入や投資などで資産を作る時期を指す
  • 企業が自らの株式を取得する方法の一つで、株式市場から発行済みの株式を自らの資金等を使って買い戻すこと。
  • 不動産投資において購入時や運営時にかかる諸費用や手数料を年間の家賃収入の総額から引いたものを投資金額(物件価格)で割ったもの
  • 巨額の投資資金を用いて意図的に株価を操作された株。
  • 新しく発行する有価証券(株式等)の募集を行う時、50人未満の投資家、もしくは機関投資家を対象に勧誘する方式。

    私募に対し50人以上は公募と言う。

  • 不動産投資において購入時や運営時にかかる諸費用や手数料を年間の家賃収入の総額から引いたものを投資金額(物件価格)で割ったもの
  • 巨額の投資資金を用いて意図的に株価を操作された株。
  • 新しく発行する有価証券(株式等)の募集を行う時、50人未満の投資家、もしくは機関投資家を対象に勧誘する方式。

    私募に対し50人以上は公募と言う。

  • 会社設立の際に必要な資金。事業を行うために必要な元手であり、株主や投資家が出資したお金のこと。
  • 会社設立後に新たに株式を発行など資本取引によって生じる余ったお金のこと。資本剰余金=資本準備金+その他剰余金。
  • 複数の企業がそれぞれの技術や資金などを提供し合うことで協力関係を結び、単独では達成することが困難な成果の獲得を目指す提携関係
  • 会社設立の際に必要な資金。事業を行うために必要な元手であり、株主や投資家が出資したお金のこと。
  • 会社設立後に新たに株式を発行など資本取引によって生じる余ったお金のこと。資本剰余金=資本準備金+その他剰余金。
  • 複数の企業がそれぞれの技術や資金などを提供し合うことで協力関係を結び、単独では達成することが困難な成果の獲得を目指す提携関係
  • 投資の効率性を測る指標。投資信託などで過去のリターンを変動幅で割って算出する。
  • 企業が自社で働く従業員を対象に自社株を保有してもらうことを目的とする制度

    企業が従業員持ち株会という組織を設立して運用し、会員である従業員は毎月一定額を拠出して株式を共同購入する形となる

    社員持株制度ともよばれることがある

  • 投資信託の運用収益などを受益者が受け取ることのできる権利
  • 投資の効率性を測る指標。投資信託などで過去のリターンを変動幅で割って算出する。
  • 企業が自社で働く従業員を対象に自社株を保有してもらうことを目的とする制度

    企業が従業員持ち株会という組織を設立して運用し、会員である従業員は毎月一定額を拠出して株式を共同購入する形となる

    社員持株制度ともよばれることがある

  • 投資信託の運用収益などを受益者が受け取ることのできる権利
  • 投資信託などで利益を受ける権利である受益権を持っている人のこと
  • 未成年の子どもの将来に向けた資産運用の非課税制度。2023年末に廃止が決まっている。
  • 相場が高くなると買う、あるいは、相場が安くなると売ること。相場の流れに沿った取引。

    対義語は逆張り

  • 投資信託などで利益を受ける権利である受益権を持っている人のこと
  • 未成年の子どもの将来に向けた資産運用の非課税制度。2023年末に廃止が決まっている。
  • 相場が高くなると買う、あるいは、相場が安くなると売ること。相場の流れに沿った取引。

    対義語は逆張り

  • 税金や減価償却費用など損益計算書(P/L)に記載される費用を差し引いた後の利益のこと経常利益に「特別利益」や「特別損失」を計算し、さらに法人税や住民税を差し引いた残りの利益
  • 預かったお金を投資家に返却すること。返済と同じ。 償還は主に債券などを返済をすることで使う。
  • 債券では額面金額のことであり、投資信託では信託期間が定められた投資信託の償還時に適用される換金価格のこと
  • 税金や減価償却費用など損益計算書(P/L)に記載される費用を差し引いた後の利益のこと経常利益に「特別利益」や「特別損失」を計算し、さらに法人税や住民税を差し引いた残りの利益
  • 預かったお金を投資家に返却すること。返済と同じ。 償還は主に債券などを返済をすることで使う。
  • 債券では額面金額のことであり、投資信託では信託期間が定められた投資信託の償還時に適用される換金価格のこと
  • 債券の場合は、保有者に額面金額を払い戻す満期日。 投資信託では、信託(運用)期間の最終日。
  • 株式債券やその他上場する全ての証券などを識別するためのコード。
  • 株券などの保管、受け渡しを簡素化のために作られた日本で唯一の保管振替機関のこと
  • 債券の場合は、保有者に額面金額を払い戻す満期日。 投資信託では、信託(運用)期間の最終日。
  • 株式債券やその他上場する全ての証券などを識別するためのコード。
  • 株券などの保管、受け渡しを簡素化のために作られた日本で唯一の保管振替機関のこと
  • 株式債券などの有価証券などを証券取引所において売買可能とすることをさす

    株式を証券取引所に上場する場合を株式公開(IPO)とも呼ぶ

  • 証券取引所に上場している投資信託のこと
  • 所得税における所得の区分の一つで、一般的に、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得
  • 株式債券などの有価証券などを証券取引所において売買可能とすることをさす

    株式を証券取引所に上場する場合を株式公開(IPO)とも呼ぶ

  • 証券取引所に上場している投資信託のこと
  • 所得税における所得の区分の一つで、一般的に、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡することによって生ずる所得
  • 他人への譲渡が可能な定期預金のこと。通常、定期預金は他人への譲渡はできない
  • 消費者の観点から国の経済の健全性を図る指標のこと
  • 雇用環境、収入の増え方、暮らし向き、耐久消費財の買い時判断について

    内閣府が毎月調査する消費者動向を見る指標の1つ

  • 他人への譲渡が可能な定期預金のこと。通常、定期預金は他人への譲渡はできない
  • 消費者の観点から国の経済の健全性を図る指標のこと
  • 雇用環境、収入の増え方、暮らし向き、耐久消費財の買い時判断について

    内閣府が毎月調査する消費者動向を見る指標の1つ

  • 企業が発表した業績見通しより良い状況になってきた事を表す
  • 急速に下げた相場(株価)が行き過ぎ警戒心から自然体(材料やニュースがなくとも)で一旦戻ること。
  • 税制上のメリットが少ない代わりに、比較的に簡易な方法で帳簿を記載しその記帳に基づき所得税又は法人税を計算して申告すること
  • 企業が発表した業績見通しより良い状況になってきた事を表す
  • 急速に下げた相場(株価)が行き過ぎ警戒心から自然体(材料やニュースがなくとも)で一旦戻ること。
  • 税制上のメリットが少ない代わりに、比較的に簡易な方法で帳簿を記載しその記帳に基づき所得税又は法人税を計算して申告すること
  • 株式会社株式分割や増資、合併等により、新しく発行する株式のこと
  • 生じた所得のうち、他の所得金額と合計せずにその所得単独の税額を分離して計算し、その税金を確定申告により納税する制度のこと
  • 投資信託の運用がスタートする「設定日」から、運用が終了する「償還日」までの期間のこと
  • 株式会社株式分割や増資、合併等により、新しく発行する株式のこと
  • 生じた所得のうち、他の所得金額と合計せずにその所得単独の税額を分離して計算し、その税金を確定申告により納税する制度のこと
  • 投資信託の運用がスタートする「設定日」から、運用が終了する「償還日」までの期間のこと
  • 投資信託を解約及び売却する際に投資家が支払う費用のこ
  • 投資信託の運用や管理にかかる費用のこと
  • 債券の区分の1つ。国や地方自治体、企業などにより新たに発行される債券。新発債に対し既に発行している債券を既発債という
  • 投資信託を解約及び売却する際に投資家が支払う費用のこ
  • 投資信託の運用や管理にかかる費用のこと
  • 債券の区分の1つ。国や地方自治体、企業などにより新たに発行される債券。新発債に対し既に発行している債券を既発債という
  • 信用取引で信用買いをされて、まだ決済されずに残っている株式の残高のこと
  • 信用新規買い注文および信用新規売り注文について、発注可能な建玉金額(約定金額)の限度額のこと
  • 現金などや株式を担保として証券会社に預けて、証券会社から売買に必要な現金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったりする取引のこと
  • 信用取引で信用買いをされて、まだ決済されずに残っている株式の残高のこと
  • 信用新規買い注文および信用新規売り注文について、発注可能な建玉金額(約定金額)の限度額のこと
  • 現金などや株式を担保として証券会社に預けて、証券会社から売買に必要な現金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったりする取引のこと
  • 有価証券を発行する国や企業などが利息や元本などを支払えなくなる可能性。

    債務不履行リスクとも言う

  • 有価証券を発行する国や企業などが利息や元本などを支払えなくなる可能性。

    債務不履行リスクとも言う

ではじまるー用語(9)

  • スイス連邦における中央銀行。スイスフラン(CHF)の発行管理などを行う。
  • 投資信託など金融商品を買い換える・乗り換えること

    同一の投資信託でその中に組み込まれている商品を乗り換える場合にも用いる

  • 2、3日から数週間という短期間で取引を完了する短期売買のこと
  • スイス連邦における中央銀行。スイスフラン(CHF)の発行管理などを行う。
  • 投資信託など金融商品を買い換える・乗り換えること

    同一の投資信託でその中に組み込まれている商品を乗り換える場合にも用いる

  • 2、3日から数週間という短期間で取引を完了する短期売買のこと
  • 数秒から数分程度の極端に短い時間に、何度も売買を繰り返して利益を積み重ねるトレード手法英語のscalpには「皮を剥ぐ」という意味もあり、薄い皮を何枚も剥ぐように、わずかな利幅を狙った細かい取引によって薄い利益を蓄積していくことを目指す
  • 経済現象の一つであり、経済活動の停滞「スタグネーション」と物価の持続的な上昇「インフレーション」が併存する状態を指す。
  • 東京証券取引所の市場区分の一つ

    一定の時価総額や流動性、基本的なガバナンス水準を持つ持続的成長と中長期的な企業価値向上にコミットする企業の株式市場

  • 数秒から数分程度の極端に短い時間に、何度も売買を繰り返して利益を積み重ねるトレード手法英語のscalpには「皮を剥ぐ」という意味もあり、薄い皮を何枚も剥ぐように、わずかな利幅を狙った細かい取引によって薄い利益を蓄積していくことを目指す
  • 経済現象の一つであり、経済活動の停滞「スタグネーション」と物価の持続的な上昇「インフレーション」が併存する状態を指す。
  • 東京証券取引所の市場区分の一つ

    一定の時価総額や流動性、基本的なガバナンス水準を持つ持続的成長と中長期的な企業価値向上にコミットする企業の株式市場

  • あらかじめ定められた価格、数、期間内に自社の株式を購入できる権利のこと。

    会社が役員や従業員にこの権利を付与し、付与された役員や従業員は権利を行使してその会社の株を買うことができる

  • 値幅制限で決められた水準まで、株価が上昇することをストップ高、下落することをストップ安という。
  • 金融用語としては、相場の値段の開き、価格差、利回り差などを指す。
  • あらかじめ定められた価格、数、期間内に自社の株式を購入できる権利のこと。

    会社が役員や従業員にこの権利を付与し、付与された役員や従業員は権利を行使してその会社の株を買うことができる

  • 値幅制限で決められた水準まで、株価が上昇することをストップ高、下落することをストップ安という。
  • 金融用語としては、相場の値段の開き、価格差、利回り差などを指す。

ではじまるー用語(13)

  • 課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額から、一定の金額を控除するもの
  • 日本銀行など各国の中央銀行が金融政策において決定する金利のこと
  • 課税される時期を先送りすること
  • 課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額から、一定の金額を控除するもの
  • 日本銀行など各国の中央銀行が金融政策において決定する金利のこと
  • 課税される時期を先送りすること
  • 上場廃止基準に抵触して上場廃止が決まった銘柄のこと
  • 各国の政府から債務保証を受けた機関に対して融資を行う国連(United Nation)の専門機関の一つ。

    第二次世界大戦以後の金融秩序の中心をIMF(国際通貨基金 )と共に担っており、

    本部はアメリカ合衆国のワシントンDCにある。

  • 税務制度に即した控除や非課税制度を用いて、支払うべき税金を積極的に低く抑える行為のことを指す
  • 上場廃止基準に抵触して上場廃止が決まった銘柄のこと
  • 各国の政府から債務保証を受けた機関に対して融資を行う国連(United Nation)の専門機関の一つ。

    第二次世界大戦以後の金融秩序の中心をIMF(国際通貨基金 )と共に担っており、

    本部はアメリカ合衆国のワシントンDCにある。

  • 税務制度に即した控除や非課税制度を用いて、支払うべき税金を積極的に低く抑える行為のことを指す
  • 投資信託の運用が開始される日のこと
  • 短期金利をゼロ(またはそれに近い低金利)に誘導する政策のこと
  • ゲーム理論と呼ばれる経済理論のひとつ一方が利益を得たならば、もう一方は同じだけの損をし、全体としてはプラスマイナスゼロになること


  • 投資信託の運用が開始される日のこと
  • 短期金利をゼロ(またはそれに近い低金利)に誘導する政策のこと
  • ゲーム理論と呼ばれる経済理論のひとつ一方が利益を得たならば、もう一方は同じだけの損をし、全体としてはプラスマイナスゼロになること


  • 景気動向指数のうち、数ヶ月先の景気を先取りして上下動するもの。
  • インドのボンベイ証券取引所における株価指数。

    同証券取引所に上場する銘柄のうち、流動性や取引規模などに基づき選定された、30の株式から構成される、時価総額加重平均型株価指数

  • 市場参加者のマーケットに対する強気や弱気などの市場心理を調査して、それを元に行なう相場の分析のこと
  • 景気動向指数のうち、数ヶ月先の景気を先取りして上下動するもの。
  • インドのボンベイ証券取引所における株価指数。

    同証券取引所に上場する銘柄のうち、流動性や取引規模などに基づき選定された、30の株式から構成される、時価総額加重平均型株価指数

  • 市場参加者のマーケットに対する強気や弱気などの市場心理を調査して、それを元に行なう相場の分析のこと
  • 東京証券取引所の午前中の取引時間のこと。具体的には9:00〜11:30
  • 東京証券取引所の午前中の取引時間のこと。具体的には9:00〜11:30

ではじまるー用語(17)

  • 企業が不特定多数の出資者から資金を調達する融資仲介サービスのこと
  • 少数の株式を所有して株主総会に出席し、金品を目当てに嫌がらせを行ったり、議事進行の誘導をしたりする悪質な株主やその組織のこと
    1. 給与所得など、他の所得と合算した課税所得に、

      所得税の税率をかけて所得税額を算出する課税方式
  • 企業が不特定多数の出資者から資金を調達する融資仲介サービスのこと
  • 少数の株式を所有して株主総会に出席し、金品を目当てに嫌がらせを行ったり、議事進行の誘導をしたりする悪質な株主やその組織のこと
    1. 給与所得など、他の所得と合算した課税所得に、

      所得税の税率をかけて所得税額を算出する課税方式
  • 「総事業資産がどれだけ効率的に売上高を生み出したか」という、事業で売り上げを生み出す効率を表す指標のこと
  • 自己資本と他人資本を合計した総額のこと
  • 収増益・増収減益・減収増益・減収減益。これらはいずれも企業の収支状況を過去と比較したときに用いられる言葉。

    「収」の部分は売上高を示しており、「益」の部分は最終利益(当期純利益)を示すことが多い

  • 「総事業資産がどれだけ効率的に売上高を生み出したか」という、事業で売り上げを生み出す効率を表す指標のこと
  • 自己資本と他人資本を合計した総額のこと
  • 収増益・増収減益・減収増益・減収減益。これらはいずれも企業の収支状況を過去と比較したときに用いられる言葉。

    「収」の部分は売上高を示しており、「益」の部分は最終利益(当期純利益)を示すことが多い

  • マーケットにおいて売買された株式債券などの取引される価格のこと
  • 前の期よりも配当の額が増加すること
  • 企業が事業活動によって得た利益をどの程度株主に還元しているかを表す指標の一つ

    「総還元性向」あるいは「株主還元性向」と呼ばれることもある

  • マーケットにおいて売買された株式債券などの取引される価格のこと
  • 前の期よりも配当の額が増加すること
  • 企業が事業活動によって得た利益をどの程度株主に還元しているかを表す指標の一つ

    「総還元性向」あるいは「株主還元性向」と呼ばれることもある

  • 市場において相場を意識的、人為的に変動させ、その相場をあたかも自然の需給によって形成されたものであるかのように装い、他人を誤認させ、その相場の変動を利用して自己の利益を図ろうとするもの。

    金融商品取引法上、刑事処罰の対象となる。

  • 相場の一番低い値段

    対義語は天井値
  • 相場や景気で、下落した状況が続くこと
  • 市場において相場を意識的、人為的に変動させ、その相場をあたかも自然の需給によって形成されたものであるかのように装い、他人を誤認させ、その相場の変動を利用して自己の利益を図ろうとするもの。

    金融商品取引法上、刑事処罰の対象となる。

  • 相場の一番低い値段

    対義語は天井値
  • 相場や景気で、下落した状況が続くこと
  • 政府や政府機関が出資する金融資産

    国富ファンドともいいます

  • 世界銀行など、各国政府や政府機関、世界的機関が発行する債券
  • 会社の一会計期間における経営成績を示す決算書のことで収益と費用とを対比して、その差額として利益を示すもの。別名「Profit&Loss Statement」(略してP/L)とも呼ぶ
  • 政府や政府機関が出資する金融資産

    国富ファンドともいいます

  • 世界銀行など、各国政府や政府機関、世界的機関が発行する債券
  • 会社の一会計期間における経営成績を示す決算書のことで収益と費用とを対比して、その差額として利益を示すもの。別名「Profit&Loss Statement」(略してP/L)とも呼ぶ
  • 所得課税において2種類以上の所得を一定の順序に従い差し引き計算を行い、利益と損失を合算して計算することができるというもの
  • ある銘柄に見切りをつけ、損を覚悟で売却すること
  • 所得課税において2種類以上の所得を一定の順序に従い差し引き計算を行い、利益と損失を合算して計算することができるというもの
  • ある銘柄に見切りをつけ、損を覚悟で売却すること

ではじまるー用語(19)

  • 最初は積極的運用から始めて徐々にリスク資産比率を引き下げ、ターゲット・イヤーに達したら安定運用となるような資産配分変更を自動的に行う投資信託
  • 資金調達方法の一つであり特定の第三者に新株を引き受ける権利を与えておこなう増資のこと

  • 通常会計上の期末における、

    資産・負債・純資産といった

    財務状態を表した書類のこと

  • 最初は積極的運用から始めて徐々にリスク資産比率を引き下げ、ターゲット・イヤーに達したら安定運用となるような資産配分変更を自動的に行う投資信託
  • 資金調達方法の一つであり特定の第三者に新株を引き受ける権利を与えておこなう増資のこと

  • 通常会計上の期末における、

    資産・負債・純資産といった

    財務状態を表した書類のこと

  • 退職により勤務先から受ける退職手当などの所得
  • 減価償却資産を通常の用途で使用した場合、通常予定される効果を上げることができると見込まれる年数のこと

    法定耐用年数は財務省令で定められている

  • 大量保有報告書を提出する義務がある保有株式数の割合が5%を超えている者のこと
  • 退職により勤務先から受ける退職手当などの所得
  • 減価償却資産を通常の用途で使用した場合、通常予定される効果を上げることができると見込まれる年数のこと

    法定耐用年数は財務省令で定められている

  • 大量保有報告書を提出する義務がある保有株式数の割合が5%を超えている者のこと
  • 上場株式5%を超えて保有する人を大量保有者と呼び、大量保有者になった場合と保有株式の増減がある場合に大量保有報告書を内閣総理大臣に提出する制度。
  • 相場の流れが下落基調に転じても、高かった時の株価水準を忘れることができず、いずれは値上がりすると思ってしまう心理状態。
  • 株式などを天井圏の高値で買い、その後停滞している状況のこと。
  • 上場株式5%を超えて保有する人を大量保有者と呼び、大量保有者になった場合と保有株式の増減がある場合に大量保有報告書を内閣総理大臣に提出する制度。
  • 相場の流れが下落基調に転じても、高かった時の株価水準を忘れることができず、いずれは値上がりすると思ってしまう心理状態。
  • 株式などを天井圏の高値で買い、その後停滞している状況のこと。
  • 株価に上昇の勢いがあるとき等に、取引終了時点(大引け)の株価(終値)がその日の最も高い株価となること
  • もともとは政治で使われる政治用語で強硬手段を辞さない人や集団のことをタカ派と呼び、穏健的な考え方をする人や集団をハト派と呼ぶ。金融の世界では、金融政策に対する姿勢を表した言葉として使われ物価の安定を重視し金融引き締め的な政策を支持する傾向がある人のことをタカ派と呼び、景気刺激に前向きで金融緩和的な政策を支持する傾向がある人をハト派と呼ぶ
  • 外国籍の個人や法人に対し、所得などへの課税が著しく軽減されるもしくは免除される国や地域のこと

    租税回避地と呼ばれることもある

  • 株価に上昇の勢いがあるとき等に、取引終了時点(大引け)の株価(終値)がその日の最も高い株価となること
  • もともとは政治で使われる政治用語で強硬手段を辞さない人や集団のことをタカ派と呼び、穏健的な考え方をする人や集団をハト派と呼ぶ。金融の世界では、金融政策に対する姿勢を表した言葉として使われ物価の安定を重視し金融引き締め的な政策を支持する傾向がある人のことをタカ派と呼び、景気刺激に前向きで金融緩和的な政策を支持する傾向がある人をハト派と呼ぶ
  • 外国籍の個人や法人に対し、所得などへの課税が著しく軽減されるもしくは免除される国や地域のこと

    租税回避地と呼ばれることもある

  • 税額控除を目的として含み損が出ている金融資産を売って損出しをすること
  • 企業が調達した資本のうち、銀行からの借入金や社債など株主以外から調達した資本であり、負債のこと。
  • 単位型投資信託とは、当初の募集期間しか購入することができない投資信託のことで、ユニット型投資信託とも呼ばれています。
  • 税額控除を目的として含み損が出ている金融資産を売って損出しをすること
  • 企業が調達した資本のうち、銀行からの借入金や社債など株主以外から調達した資本であり、負債のこと。
  • 単位型投資信託とは、当初の募集期間しか購入することができない投資信託のことで、ユニット型投資信託とも呼ばれています。
  • 1年未満のお金の貸し借りをする市場のこと。金融機関だけが参加できるインターバンク市場と、金融機関以外も参加できるオープン市場がある。
  • 銘柄ごとに決められている最低売買単位である「1単元の株数」に満たない株式のこと

    単元未満株は株式分割や会社の合併、減資、子会社化などの権利行使などで発生するほか、証券会社によっては個人で購入することができる

  • 住宅ローン契約者に万が一(死亡、高度障害など)のことがあったときに本人の代わりに返済してくれる保険のこと
  • 1年未満のお金の貸し借りをする市場のこと。金融機関だけが参加できるインターバンク市場と、金融機関以外も参加できるオープン市場がある。
  • 銘柄ごとに決められている最低売買単位である「1単元の株数」に満たない株式のこと

    単元未満株は株式分割や会社の合併、減資、子会社化などの権利行使などで発生するほか、証券会社によっては個人で購入することができる

  • 住宅ローン契約者に万が一(死亡、高度障害など)のことがあったときに本人の代わりに返済してくれる保険のこと
  • 地方証券取引所にのみ上場している会社や上場方法のこと一般に単独上場という場合、日本の中心的な東京証券取引所に上場することなく、名古屋証券取引所などの地方証券取引所に上場しているケースを指す。
  • 地方証券取引所にのみ上場している会社や上場方法のこと一般に単独上場という場合、日本の中心的な東京証券取引所に上場することなく、名古屋証券取引所などの地方証券取引所に上場しているケースを指す。

ではじまるー用語(8)

  • 内閣府が公表する景気動向を表す指標。他に一致指数先行指数がある。
  • 特定地域が抱える政治・軍事的社会的な緊張の高まりが、その地域や世界経済の先行きを不透明にさせたりするリスクのこと

  • 特定の銘柄の株価変動が激化する恐れがあるため、証券取引所が注意を喚起させるため公表する銘柄のこと。
  • 内閣府が公表する景気動向を表す指標。他に一致指数先行指数がある。
  • 特定地域が抱える政治・軍事的社会的な緊張の高まりが、その地域や世界経済の先行きを不透明にさせたりするリスクのこと

  • 特定の銘柄の株価変動が激化する恐れがあるため、証券取引所が注意を喚起させるため公表する銘柄のこと。
  • 国家や一定の地域の金融システムの中核となる銀行のこと。銀行の銀行。
  • 1事業年度の途中において、1回に限りおこなうことができる剰余金の配当のこと
  • 銀行が企業に対して資金を1年以上貸付ける時の最優遇貸出金利のこと
  • 国家や一定の地域の金融システムの中核となる銀行のこと。銀行の銀行。
  • 1事業年度の途中において、1回に限りおこなうことができる剰余金の配当のこと
  • 銀行が企業に対して資金を1年以上貸付ける時の最優遇貸出金利のこと
  • 「お金の借り手」と「お金の貸し手」が、証券市場などを通じて直接お金のやり取りをする仕組み
  • 債券の購入金額に対して毎年いくらの利息があるか、その割合を表した利回り。債券の表面利率を購入価格で割って計算する。
  • 「お金の借り手」と「お金の貸し手」が、証券市場などを通じて直接お金のやり取りをする仕組み
  • 債券の購入金額に対して毎年いくらの利息があるか、その割合を表した利回り。債券の表面利率を購入価格で割って計算する。

ではじまるー用語(3)

  • 運用開始後いつでも購入できる投資信託のこと

    購入期間が限定される単位型投資信託とは異なる。

  • 相場下落を予想した状態で、保有している株式を売るのではなく、同じ株式を信用取引空売りすることをさす

    売ることができない株があるが、今後の相場下落を予想した場合のヘッジ取引としても行われる

  • 2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度
  • 運用開始後いつでも購入できる投資信託のこと

    購入期間が限定される単位型投資信託とは異なる。

  • 相場下落を予想した状態で、保有している株式を売るのではなく、同じ株式を信用取引空売りすることをさす

    売ることができない株があるが、今後の相場下落を予想した場合のヘッジ取引としても行われる

  • 2018年1月からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度

ではじまるー用語(17)

  • 市場全体と比べ株価水準の低い株式のこと
  • 企業が一般投資家や株主、債権者などに対して、経営内容などの情報を開示すること
  • 欧米などで金融商品取引所に上場する銘柄を識別するために付けられるコードのこと
  • 市場全体と比べ株価水準の低い株式のこと
  • 企業が一般投資家や株主、債権者などに対して、経営内容などの情報を開示すること
  • 欧米などで金融商品取引所に上場する銘柄を識別するために付けられるコードのこと
  • 取引をしたその日のうちにポジションの精算を行い、完結する取引手法
  • 有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定められている者のことで、

    いわゆる、「プロ」の投資家のことです。

  • 特定の期間内において売買された証券の数などのこと
  • 取引をしたその日のうちにポジションの精算を行い、完結する取引手法
  • 有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定められている者のことで、

    いわゆる、「プロ」の投資家のことです。

  • 特定の期間内において売買された証券の数などのこと
  • 株価や売買高など、市場が持つ特有の情報を統計的に分析し、将来の動きを読み取ろうとするための指標
  • チャート分析の用語で短期の移動平均線が長期のそれを上から下に交差して抜けること。下降相場のシグナルとされる。

  • 銀行借り入れや社債発行による資金調達のこと有利子負債のこと
  • 株価や売買高など、市場が持つ特有の情報を統計的に分析し、将来の動きを読み取ろうとするための指標
  • チャート分析の用語で短期の移動平均線が長期のそれを上から下に交差して抜けること。下降相場のシグナルとされる。

  • 銀行借り入れや社債発行による資金調達のこと有利子負債のこと
  • 債務不履行のこと

    債券の元利払いや償還ができなくなるなど、債務者が故意や過失により債務の本旨に従った支払いをしないことを指す

  • 債券や貸出先からの返済が滞る確率
  • モノの値段が下がり、お金の価値が上がること
  • 債務不履行のこと

    債券の元利払いや償還ができなくなるなど、債務者が故意や過失により債務の本旨に従った支払いをしないことを指す

  • 債券や貸出先からの返済が滞る確率
  • モノの値段が下がり、お金の価値が上がること
  • 投資や買収などを行う際に、対象企業の企業価値やリスクを算定するために行われる調査や適正評価手続きのこと
  • 特定の原資産から派生した別の金融商品です

    具体的には先物やオプション、スワップなどを言います

  • 株式に転換できる権利(転換オプション)が付与されている社債のこと

    英語でConvertible Bondと言い、略してCBとも呼ばれる

  • 投資や買収などを行う際に、対象企業の企業価値やリスクを算定するために行われる調査や適正評価手続きのこと
  • 特定の原資産から派生した別の金融商品です

    具体的には先物やオプション、スワップなどを言います

  • 株式に転換できる権利(転換オプション)が付与されている社債のこと

    英語でConvertible Bondと言い、略してCBとも呼ばれる

  • 相場などで使われる一定期間における最も高い価格を指す

  • 証券取引所を通さず、証券会社が自ら投資家の売買の相手となる取引(相対取引)のこと
  • 相場などで使われる一定期間における最も高い価格を指す

  • 証券取引所を通さず、証券会社が自ら投資家の売買の相手となる取引(相対取引)のこと

ではじまるー用語(17)

  • 価格の変動を利用して利益を得るために行う売買取引のこと
  • 日本最大の証券取引所です。略して東証とも呼ばれます。

    主に、国内外の株式ETFREIT転換社債などが取引されています。
  • 企業が株主に開示する財務情報と非財務情報を一つにまとめた報告書
  • 価格の変動を利用して利益を得るために行う売買取引のこと
  • 日本最大の証券取引所です。略して東証とも呼ばれます。

    主に、国内外の株式ETFREIT転換社債などが取引されています。
  • 企業が株主に開示する財務情報と非財務情報を一つにまとめた報告書
  • 流動資産のうち、現金および短期間で容易に換金可能な資産のことをいいます。 

  • 流動負債に対して当座資産をどのぐらい保有しているかを示すもの。安全性を判断するための指標。
  • キャッシュフロー計算書投資活動によるお金の増減を表す

     投資活動とは設備投資などによる資金流出と有価証券や固定資産の取得・売却など

  • 流動資産のうち、現金および短期間で容易に換金可能な資産のことをいいます。 

  • 流動負債に対して当座資産をどのぐらい保有しているかを示すもの。安全性を判断するための指標。
  • キャッシュフロー計算書投資活動によるお金の増減を表す

     投資活動とは設備投資などによる資金流出と有価証券や固定資産の取得・売却など

  • 投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式債券などに投資・運用する金融商品
  • 信用力、格付けが高く債務不履行リスクの低い債券
  • 予想配当利回り時価総額に注目して選出された100銘柄を対象とする指数。
  • 投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式債券などに投資・運用する金融商品
  • 信用力、格付けが高く債務不履行リスクの低い債券
  • 予想配当利回り時価総額に注目して選出された100銘柄を対象とする指数。
  • 東京証券取引所上場している不動産投資信託(REIT)全銘柄を対象とした時価総額の平均を算出した加重平均型の指数のこと
  • 全体の買われすぎ売られすぎを見るための指標

  • から生じる税制上の売却損益を通算・管理する口座
  • 東京証券取引所上場している不動産投資信託(REIT)全銘柄を対象とした時価総額の平均を算出した加重平均型の指数のこと
  • 全体の買われすぎ売られすぎを見るための指標

  • から生じる税制上の売却損益を通算・管理する口座
  • 売買注文が一方に偏り 次に約定される株価が直前の株価より大きく離れそうな場合、取引所が特別に周知させるための気配値段。株価の乱高下をおさえるために公表される。
  • 企業を経営する上で予測できない例外的な臨時の事象に基づく損失で多額のものを言う

    具体例として

    自然災害などによる損失、不動産などの固定資産売却損、リストラ費用など

  • 投資信託の分配金の区分の1つ。投資信託が利益を出していない状態でも支払われ、投資元本の一部払戻しに相当するため非課税である。元本払戻金とも言う。
  • 売買注文が一方に偏り 次に約定される株価が直前の株価より大きく離れそうな場合、取引所が特別に周知させるための気配値段。株価の乱高下をおさえるために公表される。
  • 企業を経営する上で予測できない例外的な臨時の事象に基づく損失で多額のものを言う

    具体例として

    自然災害などによる損失、不動産などの固定資産売却損、リストラ費用など

  • 投資信託の分配金の区分の1つ。投資信託が利益を出していない状態でも支払われ、投資元本の一部払戻しに相当するため非課税である。元本払戻金とも言う。
  • ポートフォリオを構築する時のアプローチの1つでマクロ経済分析から入って順に個別銘柄のミクロな視点に移っていく手法
  • 会社の経営層である「取締役」により構成された、会社の意思決定機関のこと
  • ポートフォリオを構築する時のアプローチの1つでマクロ経済分析から入って順に個別銘柄のミクロな視点に移っていく手法
  • 会社の経営層である「取締役」により構成された、会社の意思決定機関のこと

ではじまるー用語(7)

  • 国内景気(内需)が好調なときに業績の拡大が見込まれる企業の銘柄
  • 企業が生み出した利益から税金や配当金、役員報酬などの社外流出分を差し引いたお金で、社内に蓄積されたもの
  • 株価が下落基調となり、損失覚悟で保有銘柄を売却すること単に「投げ」ということもある
  • 国内景気(内需)が好調なときに業績の拡大が見込まれる企業の銘柄
  • 企業が生み出した利益から税金や配当金、役員報酬などの社外流出分を差し引いたお金で、社内に蓄積されたもの
  • 株価が下落基調となり、損失覚悟で保有銘柄を売却すること単に「投げ」ということもある
  • 全米証券業協会が運営している電子株式市場「NASDAQ」に上場している銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した指数である。
  • お金が2倍になる期間が簡単にわかる便利な算式。「72÷金利(複利)≒お金が2倍になる期間」となる
  • 株式注文方法の1つ。売買を行う時に値段を指定せずに注文すること。別の注文方法は指値がある。
  • 全米証券業協会が運営している電子株式市場「NASDAQ」に上場している銘柄の全てを対象に、時価総額加重平均で算出した指数である。
  • お金が2倍になる期間が簡単にわかる便利な算式。「72÷金利(複利)≒お金が2倍になる期間」となる
  • 株式注文方法の1つ。売買を行う時に値段を指定せずに注文すること。別の注文方法は指値がある。
  • 購入した株式などの有価証券が予想に反して下がったため、平均購入単価コストを下げるために、さらに購入すること

    難とは損のことを意味し、それを平均化すること

  • 購入した株式などの有価証券が予想に反して下がったため、平均購入単価コストを下げるために、さらに購入すること

    難とは損のことを意味し、それを平均化すること

ではじまるー用語(7)

  • 日本銀行が金融政策の方向性や政策金利の上げ下げなどの金融政策運営を討議・決定する会合
  • 日本銀行が実施している

    「全国企業短期経済観測調査」の略称で

    全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資すること目的としています。

  • 金融機関が日本銀行に預けている当座預金のこと
  • 日本銀行が金融政策の方向性や政策金利の上げ下げなどの金融政策運営を討議・決定する会合
  • 日本銀行が実施している

    「全国企業短期経済観測調査」の略称で

    全国の企業動向を的確に把握し、金融政策の適切な運営に資すること目的としています。

  • 金融機関が日本銀行に預けている当座預金のこと
  • 日経VIは日経平均株価の変動率を表す指数のこと
  • 日本経済新聞社が算出・公表している日本の株式市場の代表的な株価指数の一つ。
  • 基準日からの日経平均株価の変動率等によって、償還金額や利率が変動するという性質を持った債券
  • 日経VIは日経平均株価の変動率を表す指数のこと
  • 日本経済新聞社が算出・公表している日本の株式市場の代表的な株価指数の一つ。
  • 基準日からの日経平均株価の変動率等によって、償還金額や利率が変動するという性質を持った債券
  • 日本銀行法に基づき、日本の中央銀行として設立された認可法人。

    政府機関や株式会社ではない

  • 日本銀行法に基づき、日本の中央銀行として設立された認可法人。

    政府機関や株式会社ではない

ではじまるー用語(6)

  • 株価の水準が高い銘柄のことを指します。

    基準に明確な定義はありません

    一般的に株価5,000円以上、即ち1単元の購入金額が50万円以上の銘柄を指すことが多い

  • 純資産に対して純有利子負債が多すぎないかを見る指標。

    会社の財務健全性を測る

  • 当期純利益に対して何倍の純有利子負債を抱えているかを表す指標のこと
  • 株価の水準が高い銘柄のことを指します。

    基準に明確な定義はありません

    一般的に株価5,000円以上、即ち1単元の購入金額が50万円以上の銘柄を指すことが多い

  • 純資産に対して純有利子負債が多すぎないかを見る指標。

    会社の財務健全性を測る

  • 当期純利益に対して何倍の純有利子負債を抱えているかを表す指標のこと
  • 取引所が一日の変動価格の範囲を一定の値幅に制限していること
  • 1月から現在までの一番高い株価。但し、1月から3月については年が明けて間もなく年初来高値が付きやすいため、前年1月以降の株価で比較して最も高い株価を付けた場合には「昨年来高値」と言うことが多い。
  • 一年間働いた給与所得者に対して、会社などが支払った給与および所得税に対し、年末に再度計算し所得税の過不足分を精算すること
  • 取引所が一日の変動価格の範囲を一定の値幅に制限していること
  • 1月から現在までの一番高い株価。但し、1月から3月については年が明けて間もなく年初来高値が付きやすいため、前年1月以降の株価で比較して最も高い株価を付けた場合には「昨年来高値」と言うことが多い。
  • 一年間働いた給与所得者に対して、会社などが支払った給与および所得税に対し、年末に再度計算し所得税の過不足分を精算すること

ではじまるー用語(4)

  • 購入時手数料がかからないこと
  • 株式指数や株価など、対象となる指標があらかじめ定めた水準(ノックアウト価格)と同等

    あるいはそれを超えると保持していた権利を失うこと
  • 株式指数や株価などの対象となる指標が

    あらかじめ定めた水準(ノックイン価格)と同等あるいはそれを超えると、

    権利が発生すること
  • 購入時手数料がかからないこと
  • 株式指数や株価など、対象となる指標があらかじめ定めた水準(ノックアウト価格)と同等

    あるいはそれを超えると保持していた権利を失うこと
  • 株式指数や株価などの対象となる指標が

    あらかじめ定めた水準(ノックイン価格)と同等あるいはそれを超えると、

    権利が発生すること
  • 企業の買収・合併 の際に発生する、「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」の差額のこと連結会計では、投資価額と被投資企業時価評価純資産のうち持分相当の差額を指すかつての商店の「顔」と言える暖簾からくる、会社の信用力やブランド力などといった目に見えない収益力を象徴している。
  • 企業の買収・合併 の際に発生する、「買収された企業の時価評価純資産」と「買収価額」の差額のこと連結会計では、投資価額と被投資企業時価評価純資産のうち持分相当の差額を指すかつての商店の「顔」と言える暖簾からくる、会社の信用力やブランド力などといった目に見えない収益力を象徴している。

ではじまるー用語(22)

  • 高利回りの債券のこと

    投機的格付債、ジャンク債と呼ばれるものとほぼ同義

  • 電機、精密などの業種で高度な技術力を持つ企業の株式のこと
  • 配当を受ける権利が権利確定日の翌営業日をもってなくなること。

    または権利が確定したあと、配当の分だけ株価が下がること

  • 高利回りの債券のこと

    投機的格付債、ジャンク債と呼ばれるものとほぼ同義

  • 電機、精密などの業種で高度な技術力を持つ企業の株式のこと
  • 配当を受ける権利が権利確定日の翌営業日をもってなくなること。

    または権利が確定したあと、配当の分だけ株価が下がること

  • 利益の一部など株主に還元するために支払われる分配金のこと。
  • 所得区分の一つ

    株主や出資者が法人から受ける剰余金の配当など、または投資信託の収益の分配などに係る所得のこと
  • 当期純利益のうち、企業がどれだけの配当金を支払ったかの指標
  • 利益の一部など株主に還元するために支払われる分配金のこと。
  • 所得区分の一つ

    株主や出資者が法人から受ける剰余金の配当など、または投資信託の収益の分配などに係る所得のこと
  • 当期純利益のうち、企業がどれだけの配当金を支払ったかの指標
  • 株価に対する年間配当金の割合を示す指標
  • オプション取引を元にした金融商品の一種。為替取引でオプションを購入するだけで判定時刻になったら自動的に利益もしくは損失が確定する取引
  • 株価出来高を掛けて算出されたもの。個別株式の売買代金の合計したものが、市場全体の売買代金となる。
  • 株価に対する年間配当金の割合を示す指標
  • オプション取引を元にした金融商品の一種。為替取引でオプションを購入するだけで判定時刻になったら自動的に利益もしくは損失が確定する取引
  • 株価出来高を掛けて算出されたもの。個別株式の売買代金の合計したものが、市場全体の売買代金となる。
  • 株式投資で売買するときの最低株数。「単元」
  • 証券取引や外国為替取引などにおいてその日の最初に取引された価格のこと

    株式市場においては前場寄り付きを指す

  • 株式債券などを発行する市場のこと
  • 株式投資で売買するときの最低株数。「単元」
  • 証券取引や外国為替取引などにおいてその日の最初に取引された価格のこと

    株式市場においては前場寄り付きを指す

  • 株式債券などを発行する市場のこと
  • 会社が発行することをあらかじめ定款に定めている株式数(授権株式数)のうち、会社が既に発行した株式数のこと普通株式のみを発行する会社では通常、発行済株式数は上場株式数と一致している
  • 日経平均株価などの指標に連動する運用成果を目指す運用手法

    対義語はアクティブ運用

  • 実態から考えられる資産価値からかけ離れた評価が生じている経済状態のこと

    バブルは英語で「泡、あぶく」を意味する。

  • 会社が発行することをあらかじめ定款に定めている株式数(授権株式数)のうち、会社が既に発行した株式数のこと普通株式のみを発行する会社では通常、発行済株式数は上場株式数と一致している
  • 日経平均株価などの指標に連動する運用成果を目指す運用手法

    対義語はアクティブ運用

  • 実態から考えられる資産価値からかけ離れた評価が生じている経済状態のこと

    バブルは英語で「泡、あぶく」を意味する。

  • 転換社債株式に転換するときの価値を表す価格のこと
  • 株式市場の状況から考えて、割安だと判断される株式のこと
  • 香港証券取引所(HKSE)においてベンチマークとされる株価指数のこと

    Hang Seng Index:HSI

  • 転換社債株式に転換するときの価値を表す価格のこと
  • 株式市場の状況から考えて、割安だと判断される株式のこと
  • 香港証券取引所(HKSE)においてベンチマークとされる株価指数のこと

    Hang Seng Index:HSI

  • 相場が下落を続けていた株価が値上がりに転じ、その値下がり幅の半分程度を戻すこと
  • 投資信託の販売業務を行う会社。主に証券会社や銀行など。
  • 企業が事業活動をする中、販売業務や管理業務で発生した経費のこと
  • 相場が下落を続けていた株価が値上がりに転じ、その値下がり幅の半分程度を戻すこと
  • 投資信託の販売業務を行う会社。主に証券会社や銀行など。
  • 企業が事業活動をする中、販売業務や管理業務で発生した経費のこと
  • 投資信託を購入する際にかかる手数料のこと
  • 投資信託を購入する際にかかる手数料のこと

ではじまるー用語(7)

  • 証券取引所に上場していない株式のこと。「非上場株」「未公開株」などと呼ぶ
  • マクドナルドのビッグマックの販売価格によって各国の通貨の購買力を比較し為替相場の妥当値を推計したもの英国の経済誌「エコノミスト」が発表する
  • 企業の収益性を測る指標のひとつ英語表記「Cash Flow Per Share」の略で「CFPS」ともいう 純利益減価償却費を加えた簡易キャッシュフローを発行済み株式数で割って算出し、数値が大きいほど良いとされる
  • 証券取引所に上場していない株式のこと。「非上場株」「未公開株」などと呼ぶ
  • マクドナルドのビッグマックの販売価格によって各国の通貨の購買力を比較し為替相場の妥当値を推計したもの英国の経済誌「エコノミスト」が発表する
  • 企業の収益性を測る指標のひとつ英語表記「Cash Flow Per Share」の略で「CFPS」ともいう 純利益減価償却費を加えた簡易キャッシュフローを発行済み株式数で割って算出し、数値が大きいほど良いとされる
  • 社会保険料を負担する収入の境目の1つ

    130万円の壁と意味合いが似ている106万円の壁もある
  • 配偶者の給与収入であるパート代やバイト代が年間103万円以下であれば、本人の所得税がかからないボーダーラインのこと
  • 想定されるリターンのがどの程度の大きさかを表す指標であり、1年間のリターンがどれくらいバラつくのかということを示そうとするもの
  • 社会保険料を負担する収入の境目の1つ

    130万円の壁と意味合いが似ている106万円の壁もある
  • 配偶者の給与収入であるパート代やバイト代が年間103万円以下であれば、本人の所得税がかからないボーダーラインのこと
  • 想定されるリターンのがどの程度の大きさかを表す指標であり、1年間のリターンがどれくらいバラつくのかということを示そうとするもの
  • 不動産投資において年間の家賃収入の総額を物件価格で割ったもの
  • 不動産投資において年間の家賃収入の総額を物件価格で割ったもの

ではじまるー用語(29)

  • 投資信託の運用方式の一種

    株式債券などを直接売買するのではなく、複数の投資信託の資金をまとめて同じ運用会社の別の投信「マザーファンド」を通じて間接的に組み入れる運用方式
  • 国や企業などの経済状態などを表す指標で「経済の基礎的条件」のこと
  • 投資信託の種別

    複数の株式債券などに投資する投資信託とは違い、複数の投資信託を買っている投資信託。
  • 投資信託の運用方式の一種

    株式債券などを直接売買するのではなく、複数の投資信託の資金をまとめて同じ運用会社の別の投信「マザーファンド」を通じて間接的に組み入れる運用方式
  • 国や企業などの経済状態などを表す指標で「経済の基礎的条件」のこと
  • 投資信託の種別

    複数の株式債券などに投資する投資信託とは違い、複数の投資信託を買っている投資信託。
  • 投資信託の運用を行う専門家のことです。

    運用方針に従って市場や銘柄の分析、選定、組み入れ比率や売買のタイミングを検討し、投資家から預かった資産を運用して利益を目指す運用のプロのこと

  • 投資信託を対象として自分で投資対象を選ばずに、

    投資一任契約に基づいて対価を払って運用してもらうこと

  • 株式等の取得価格(簿価)と、時価と比べた未決済損益。

    評価損益のこと

  • 投資信託の運用を行う専門家のことです。

    運用方針に従って市場や銘柄の分析、選定、組み入れ比率や売買のタイミングを検討し、投資家から預かった資産を運用して利益を目指す運用のプロのこと

  • 投資信託を対象として自分で投資対象を選ばずに、

    投資一任契約に基づいて対価を払って運用してもらうこと

  • 株式等の取得価格(簿価)と、時価と比べた未決済損益。

    評価損益のこと

  • 利子にもまた利子がつくこと。投資で出た利益を投資元本にプラスして再投資すること。
  • 会社が資金調達を目的として、投資家向けに発行する債券。国が発行するものは国債という。
  • 投資信託の分配金が支払われる日の基準価額購入時の基準価額と同額か上回っている場合に支払われる分配金のこと。
  • 利子にもまた利子がつくこと。投資で出た利益を投資元本にプラスして再投資すること。
  • 会社が資金調達を目的として、投資家向けに発行する債券。国が発行するものは国債という。
  • 投資信託の分配金が支払われる日の基準価額購入時の基準価額と同額か上回っている場合に支払われる分配金のこと。
  • ものやサービスの価格の動きを把握するための数値のこと
  • 助成金の手当額などで利用される、物価が上昇すれば増額し、下落すれば減額する仕組み
  • 物価上昇率(インフレ率)に応じて、元本が調整される債券のこと
  • ものやサービスの価格の動きを把握するための数値のこと
  • 助成金の手当額などで利用される、物価が上昇すれば増額し、下落すれば減額する仕組み
  • 物価上昇率(インフレ率)に応じて、元本が調整される債券のこと
  • 企業が証券取引所に公開(IPO)する際に、1株あたりの新株の発行価格を決定する方法の一つ。

    ブックビルディングとも呼ばれる。

    仮条件と呼ばれる価格を投資家に提示した上で、この値段でどれだけ買いたいかという投資家の需要を調べて、その結果で仮条件の範囲で価格を決める方式。

  • 平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(平成23年法律第117号)が公布され設けられた税金のこと、

    「復興特別所得税」及び「復興特別法人税」がある

  • 株主などが安定的に保有する株式ではなく、市場で流通している株式のこと。
  • 企業が証券取引所に公開(IPO)する際に、1株あたりの新株の発行価格を決定する方法の一つ。

    ブックビルディングとも呼ばれる。

    仮条件と呼ばれる価格を投資家に提示した上で、この値段でどれだけ買いたいかという投資家の需要を調べて、その結果で仮条件の範囲で価格を決める方式。

  • 平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法(平成23年法律第117号)が公布され設けられた税金のこと、

    「復興特別所得税」及び「復興特別法人税」がある

  • 株主などが安定的に保有する株式ではなく、市場で流通している株式のこと。
  • 浮動株が発行済株式数に占める割合のこと

  • 投資信託のこと
  • 信用取引空売りをした投資家が、株価上昇で含み損を抱え、損失覚悟の買戻しをすることで一段の株高を招く状況のこと
  • 浮動株が発行済株式数に占める割合のこと

  • 投資信託のこと
  • 信用取引空売りをした投資家が、株価上昇で含み損を抱え、損失覚悟の買戻しをすることで一段の株高を招く状況のこと
  • 東京証券取引所の市場区分の一つ

    海外を含む多くの機関投資家の投資対象になりえる大規模な時価総額や流動性、より高いガバナンス水準を備える持続的成長にコミットする企業の株式市場のことです。

  • ゲーム理論の1つで、

    全体が拡大することで各部分がそれぞれ同時に拡大し得る環境下で参加者の利益と損失の総和がプラスとなること

  • 住宅金融支援機構の35年の固定金利住宅ローン
  • 東京証券取引所の市場区分の一つ

    海外を含む多くの機関投資家の投資対象になりえる大規模な時価総額や流動性、より高いガバナンス水準を備える持続的成長にコミットする企業の株式市場のことです。

  • ゲーム理論の1つで、

    全体が拡大することで各部分がそれぞれ同時に拡大し得る環境下で参加者の利益と損失の総和がプラスとなること

  • 住宅金融支援機構の35年の固定金利住宅ローン
  • キャッシュフロー計算書での「営業活動によるキャッシュフロー」と「投資活動によるキャッシュフロー」の差
  • 自分の故郷や応援したい自治体などを選んで寄付ができる制度のこと

    自治体から寄付金のお礼として

    「返礼品」と寄附証明書類の「寄附金受領証明書」が届く

  • 相場の強気・弱気を示す言葉

    ブル(Bull)は強気を表し、ベア(Bear)は弱気を表す

  • キャッシュフロー計算書での「営業活動によるキャッシュフロー」と「投資活動によるキャッシュフロー」の差
  • 自分の故郷や応援したい自治体などを選んで寄付ができる制度のこと

    自治体から寄付金のお礼として

    「返礼品」と寄附証明書類の「寄附金受領証明書」が届く

  • 相場の強気・弱気を示す言葉

    ブル(Bull)は強気を表し、ベア(Bear)は弱気を表す

  • 行動経済学における理論の一つ。不確実性下における意思決定モデルとも呼ばれる。

    人は基準値よりプラスではリスクを回避したくなり、逆に基準値よりもマイナスの状況ではリスクを選好しようとするというもの

  • 資産・銘柄・地域・時間などの分散を考え、リスクを抑えて安定したリターンを目指す投資方法のこと
  • 会計処理において企業が不正を働く虚偽の決算報告のこと

    赤字決算を黒字に見せる粉飾決算と、脱税のために利益を圧縮する2つがある

  • 行動経済学における理論の一つ。不確実性下における意思決定モデルとも呼ばれる。

    人は基準値よりプラスではリスクを回避したくなり、逆に基準値よりもマイナスの状況ではリスクを選好しようとするというもの

  • 資産・銘柄・地域・時間などの分散を考え、リスクを抑えて安定したリターンを目指す投資方法のこと
  • 会計処理において企業が不正を働く虚偽の決算報告のこと

    赤字決算を黒字に見せる粉飾決算と、脱税のために利益を圧縮する2つがある

  • 分配対象額の中から、決算日にみなさんに支払われる金額のこと
  • 証券会社が顧客投資家からの預かり資産と自己(自社)の資産とを明確に区分して管理することにより、万が一証券会社が破綻した場合であっても

    投資家の資産が保護される仕組みのこと


  • 分配対象額の中から、決算日にみなさんに支払われる金額のこと
  • 証券会社が顧客投資家からの預かり資産と自己(自社)の資産とを明確に区分して管理することにより、万が一証券会社が破綻した場合であっても

    投資家の資産が保護される仕組みのこと


ではじまるー用語(9)

  • 銀行が破綻したとき、一定の預金の元本が保証されている制度
  • 価格変動に伴うリスクを回避すること。
  • 投資戦略を金融先物やデリバティブ(金融派生商品)、空売りレバレッジ等の取引を組み合わせて株式債券、為替など幅広い商品に投資し収益を追求するファンド
  • 銀行が破綻したとき、一定の預金の元本が保証されている制度
  • 価格変動に伴うリスクを回避すること。
  • 投資戦略を金融先物やデリバティブ(金融派生商品)、空売りレバレッジ等の取引を組み合わせて株式債券、為替など幅広い商品に投資し収益を追求するファンド
  • ファミリーファンド方式で運用する投資信託のうち、実際に投資家が購入する投資信託のこと。
  • 信用取引において株式の売買取引を行った場合、投資家は証券会社から買付資金を借りたり、空売りのための株券を借りたりしているが、

    その借りている資金や株券を返済するための期限のこと。

  • 金融、資産運用や株式投資における指標銘柄など、比較のために用いる指標や基準。
  • ファミリーファンド方式で運用する投資信託のうち、実際に投資家が購入する投資信託のこと。
  • 信用取引において株式の売買取引を行った場合、投資家は証券会社から買付資金を借りたり、空売りのための株券を借りたりしているが、

    その借りている資金や株券を返済するための期限のこと。

  • 金融、資産運用や株式投資における指標銘柄など、比較のために用いる指標や基準。
  • 成長の可能性を秘めている企業に出資したり、将来の上場・公開などに向けて支援などを行なう機関のこと。
  • 住宅ローンや債券などで一定のルールに基づき途中で金利を見直すもの。
  • 為替レートを市場で自由に決める制度のこと。↔️固定相場制。
  • 成長の可能性を秘めている企業に出資したり、将来の上場・公開などに向けて支援などを行なう機関のこと。
  • 住宅ローンや債券などで一定のルールに基づき途中で金利を見直すもの。
  • 為替レートを市場で自由に決める制度のこと。↔️固定相場制。

ではじまるー用語(8)

  • 資産構成のこと。
  • お買い物で貯まったポイントで株式や投資信託などを購入できる投資のこと
  • 会計書類に記載されている資産や負債の価格のこと

    帳簿価額の略称
  • 資産構成のこと。
  • お買い物で貯まったポイントで株式や投資信託などを購入できる投資のこと
  • 会計書類に記載されている資産や負債の価格のこと

    帳簿価額の略称
  • 金融取引において新規で注文を出し、約定後、まだ決済していない建玉を抱えること
  • 箱の中に閉じ込められたかのように、一定の価格帯で上下している相場状況
  • 個別企業の調査、分析によって投資対象となる銘柄を発掘し、ポートフォリオを構築していくという手法。下から積み上げていくのでボトムアップと言う。
  • 金融取引において新規で注文を出し、約定後、まだ決済していない建玉を抱えること
  • 箱の中に閉じ込められたかのように、一定の価格帯で上下している相場状況
  • 個別企業の調査、分析によって投資対象となる銘柄を発掘し、ポートフォリオを構築していくという手法。下から積み上げていくのでボトムアップと言う。
  • 一般的に価格変動の度合いを示す
  • 移動平均に標準偏差を加減したバンド(線)


  • 一般的に価格変動の度合いを示す
  • 移動平均に標準偏差を加減したバンド(線)


ではじまるー用語(9)

  • 毎月決算を行い、収益等の一部を収益分配金として毎月分配する投資信託のこと
  • 参加者の得点(利益と損失)の総和がマイナスになるゲームのこと一般には宝くじや競馬など
  • 経済は大きく分けて、「マクロ経済」と「ミクロ経済」に分類される。「マクロ」の本来の意味は「巨大な、大きい」を表し、経済活動を全体的に捉えることを指す。
  • 毎月決算を行い、収益等の一部を収益分配金として毎月分配する投資信託のこと
  • 参加者の得点(利益と損失)の総和がマイナスになるゲームのこと一般には宝くじや競馬など
  • 経済は大きく分けて、「マクロ経済」と「ミクロ経済」に分類される。「マクロ」の本来の意味は「巨大な、大きい」を表し、経済活動を全体的に捉えることを指す。
  • 年金の被保険者の減少や平均寿命の延び、更にインフレなど経済状況を考慮して、年金給付金額を調整する制度のこと
  • ファミリーファンド方式で運用する投資信託のうち、実際に運用対象の株式債券に投資するファンドのこと
  • 企業型確定拠出年金で会社が拠出する掛金に加えて、加入者本人が掛金を上乗せして拠出できること
  • 年金の被保険者の減少や平均寿命の延び、更にインフレなど経済状況を考慮して、年金給付金額を調整する制度のこと
  • ファミリーファンド方式で運用する投資信託のうち、実際に運用対象の株式債券に投資するファンドのこと
  • 企業型確定拠出年金で会社が拠出する掛金に加えて、加入者本人が掛金を上乗せして拠出できること
  • 金融機関から経済全体に供給されている通貨の総量のこと

  • 悪事で手に入れたお金を、正当な資金で得た資金と見せかけること

    資金洗浄のこと

  • 日本銀行が世の中に供給するお金の総量のこと
  • 金融機関から経済全体に供給されている通貨の総量のこと

  • 悪事で手に入れたお金を、正当な資金で得た資金と見せかけること

    資金洗浄のこと

  • 日本銀行が世の中に供給するお金の総量のこと

ではじまるー用語(1)

  • 個々の経済主体である消費者や企業などの動きに着目し

    経済の動向を捉えていこうとする経済学の分類のひとつ

  • 個々の経済主体である消費者や企業などの動きに着目し

    経済の動向を捉えていこうとする経済学の分類のひとつ

ではじまるー用語(1)

  • コール市場における無担保での資金貸借の金利のこと。
  • コール市場における無担保での資金貸借の金利のこと。

ではじまるー用語(6)

  • 投資信託株式債券などについて、投資判断に必要な重要事項を説明した書類のこと。
  • 他の企業の株式を保有することによって、それらの企業を経営することを目的として設立された会社のこと
  • 株式数に対する株主の保有株式数の割合のこと。
  • 投資信託株式債券などについて、投資判断に必要な重要事項を説明した書類のこと。
  • 他の企業の株式を保有することによって、それらの企業を経営することを目的として設立された会社のこと
  • 株式数に対する株主の保有株式数の割合のこと。
  • 株式や為替相場などにおいて下落していた価格が反発してつけた最高値を指す

    戻り天井ともいう。

  • 株主の中でも企業の意見に賛同するのではなく、自分の要求を突き付けて企業の方向性などに積極的に関与する株主を指す。

    アクティビストとも呼ばれ、近年では日本企業の株主にもこのようなもの言う株主が増えてきている

  • 方向性や勢いという意味で相場の勢いを評価するテクニカル指標のこと。
  • 株式や為替相場などにおいて下落していた価格が反発してつけた最高値を指す

    戻り天井ともいう。

  • 株主の中でも企業の意見に賛同するのではなく、自分の要求を突き付けて企業の方向性などに積極的に関与する株主を指す。

    アクティビストとも呼ばれ、近年では日本企業の株主にもこのようなもの言う株主が増えてきている

  • 方向性や勢いという意味で相場の勢いを評価するテクニカル指標のこと。

ではじまるー用語(3)

  • 有価証券などの売買注文が執行され売買が成立した日のこと
  • 相場が上昇し始めても、過去の安値が忘れられずすぐ下げると思い込んで買いに踏み切れない心理状態
  • 株価に下落の勢いがあるとき等に、取引終了時点(大引け)の株価(終値)がその日の最も安い株価となること
  • 有価証券などの売買注文が執行され売買が成立した日のこと
  • 相場が上昇し始めても、過去の安値が忘れられずすぐ下げると思い込んで買いに踏み切れない心理状態
  • 株価に下落の勢いがあるとき等に、取引終了時点(大引け)の株価(終値)がその日の最も安い株価となること

ではじまるー用語(6)

  • 非居住者により保有される自国通貨や債券などを取引するユーロ市場で発行された債券のこと
  • 上場会社などが投資家のために毎年会社業績等を提出する法定書類のこと
  • 普通株に比べて配当金を優先的に受ける、または倒産時に残った財産を優先的に受け取れる等の権利がある株式
  • 非居住者により保有される自国通貨や債券などを取引するユーロ市場で発行された債券のこと
  • 上場会社などが投資家のために毎年会社業績等を提出する法定書類のこと
  • 普通株に比べて配当金を優先的に受ける、または倒産時に残った財産を優先的に受け取れる等の権利がある株式
  • 利息を付けて返さないといけない負債のこと。 具体的には銀行からの借入金や社債など
  • 厳密な定義はありませんが、資産内容や企業業績が優れ堅実な成長が見込める株式の総称。
  • 商品を輸出する事業が収益の大きな柱となっている業種の銘柄。「外需関連株」とも呼ばれる。
  • 利息を付けて返さないといけない負債のこと。 具体的には銀行からの借入金や社債など
  • 厳密な定義はありませんが、資産内容や企業業績が優れ堅実な成長が見込める株式の総称。
  • 商品を輸出する事業が収益の大きな柱となっている業種の銘柄。「外需関連株」とも呼ばれる。

ではじまるー用語(4)

  • 生命保険会社が契約者に約束する運用利回りのこと
  • その日の最初の取引のこと。

    株式取引では午後の最初の取引を「後場寄り」と呼ぶこともある。

  • リタイア後、資産からの年間引き出し率を4%とすれば、「資産は枯渇しない」と提唱された取り崩し期のルール
  • 生命保険会社が契約者に約束する運用利回りのこと
  • その日の最初の取引のこと。

    株式取引では午後の最初の取引を「後場寄り」と呼ぶこともある。

  • リタイア後、資産からの年間引き出し率を4%とすれば、「資産は枯渇しない」と提唱された取り崩し期のルール
  • 相場における価格の中で、一定期間における「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値段のことを指す
  • 相場における価格の中で、一定期間における「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値段のことを指す

ではじまるー用語(2)

  • 投資顧問会社または証券会社の投資顧問部門による投資一任契約に基づく投資一任運用証券会社の専用口座
  • 株価の値動きについての「予測の不可能性」を説明する理論のこと
  • 投資顧問会社または証券会社の投資顧問部門による投資一任契約に基づく投資一任運用証券会社の専用口座
  • 株価の値動きについての「予測の不可能性」を説明する理論のこと

ではじまるー用語(17)

  • 2008年に米国の投資銀行大手リーマン・ブラザーズが負債総額6000億ドル超となる史上最大級の規模で倒産したことを契機として発生した世界的な金融・経済危機のこと。
  • 投資先の企業から配当を受け取ることができる株主の権利のこと
  • 所得区分の一つ

    預貯金および公社債の利子ならびに合同運用信託、公社債投資信託および公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得。
  • 2008年に米国の投資銀行大手リーマン・ブラザーズが負債総額6000億ドル超となる史上最大級の規模で倒産したことを契機として発生した世界的な金融・経済危機のこと。
  • 投資先の企業から配当を受け取ることができる株主の権利のこと
  • 所得区分の一つ

    預貯金および公社債の利子ならびに合同運用信託、公社債投資信託および公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得。
  • 借り入れしたお金に対する利用料として借りた人が貸した人に支払うお金のこと

  • 一般的には「危険」という意味で使われるが、資産運用では振れ幅のことをいう。
  • リスクオンは投資家がリターンを追求するためにリスクのある資産に投資を行うこと、またその相場状況。一方 リスクオフは投資家がリスクを回避するようになり、より安全な資産に資金が向かうこと、また相場状況
  • 借り入れしたお金に対する利用料として借りた人が貸した人に支払うお金のこと

  • 一般的には「危険」という意味で使われるが、資産運用では振れ幅のことをいう。
  • リスクオンは投資家がリターンを追求するためにリスクのある資産に投資を行うこと、またその相場状況。一方 リスクオフは投資家がリスクを回避するようになり、より安全な資産に資金が向かうこと、また相場状況
  • 含み損などになった場合、どれくらいまでなら損失を受け入れられるか、を個人を対象として示すもの。資産規模、年齢、年収、性格、投資経験などによって変わる。
  • 景気循環の局面のうち、景気が後退している状態を言う景気の山から谷までの期間のこと
  • 産運用で得られる収益や収益率。
  • 含み損などになった場合、どれくらいまでなら損失を受け入れられるか、を個人を対象として示すもの。資産規模、年齢、年収、性格、投資経験などによって変わる。
  • 景気循環の局面のうち、景気が後退している状態を言う景気の山から谷までの期間のこと
  • 産運用で得られる収益や収益率。
  • 定期的に利息(クーポン)が支払われる債券。固定利付債や変動利付債がある。


  • 自宅を担保にした融資制度の一種

    自宅を所有しているが現金収入が少ないという世帯が、住居を手放すことなく収入生活資金を確保するための手段として用いられる

  • 目標とした資産配分から価格変動などで逸脱したポートフォリオを元に戻す戦略
  • 定期的に利息(クーポン)が支払われる債券。固定利付債や変動利付債がある。


  • 自宅を担保にした融資制度の一種

    自宅を所有しているが現金収入が少ないという世帯が、住居を手放すことなく収入生活資金を確保するための手段として用いられる

  • 目標とした資産配分から価格変動などで逸脱したポートフォリオを元に戻す戦略
  • 株式債券など直接金融による有価証券が証券取引所などで売買できる市場のこと。


  • 取引が成立せず売りたいときに売れずに通常よりも不利な条件(価格)でしか取引できない可能性があるというリスク

    お金を動かす自由度のこと

  • 貸借対照表の流動資産を流動負債で割ったもの

  • 株式債券など直接金融による有価証券が証券取引所などで売買できる市場のこと。


  • 取引が成立せず売りたいときに売れずに通常よりも不利な条件(価格)でしか取引できない可能性があるというリスク

    お金を動かす自由度のこと

  • 貸借対照表の流動資産を流動負債で割ったもの

  • 1年以内に返済または支払いをしなければならない負債のこと
  • 同一の金融商品の買いと売りの同時に行うポジションを同時に建てること。
  • 1年以内に返済または支払いをしなければならない負債のこと
  • 同一の金融商品の買いと売りの同時に行うポジションを同時に建てること。

ではじまるー用語(1)

  • 税金の対象となる所得や財産が増えるほど高い税率で課税される制度
  • 税金の対象となる所得や財産が増えるほど高い税率で課税される制度

ではじまるー用語(4)

  • 普通社債に比べ、発行企業の倒産した時に元本と利息の支払いの順位が低い社債
  • 「てこの原理」のこと

    投資では少ない資金でより大きな金額の取引を行うことを指す

  • 日経平均株価TOPIXなどの指数(原指数)の日々の変動率が一定の倍率になるように設計された金融商品
  • 普通社債に比べ、発行企業の倒産した時に元本と利息の支払いの順位が低い社債
  • 「てこの原理」のこと

    投資では少ない資金でより大きな金額の取引を行うことを指す

  • 日経平均株価TOPIXなどの指数(原指数)の日々の変動率が一定の倍率になるように設計された金融商品
  • 親会社および子会社など支配従属関係にある企業集団を単一の組織体とみなして作成する決算のこと。親会社が当該企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況を総合的に報告する連結財務諸表を作成する
  • 親会社および子会社など支配従属関係にある企業集団を単一の組織体とみなして作成する決算のこと。親会社が当該企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況を総合的に報告する連結財務諸表を作成する

ではじまるー用語(5)

  • 一定期間の株価や為替の値動き(始値終値、高値、安値)を1本のローソクの形で表現したチャートのこと
  • 「乗り換え」のこと

    先物取引の場合、保有ポジションを取引最終日までにいったん決済し、次の期限以降のポジションに乗り換えること


  • 企業が稼いだ利益のうち、どれだけを人件費として分配したかを表す割合のこと
  • 一定期間の株価や為替の値動き(始値終値、高値、安値)を1本のローソクの形で表現したチャートのこと
  • 「乗り換え」のこと

    先物取引の場合、保有ポジションを取引最終日までにいったん決済し、次の期限以降のポジションに乗り換えること


  • 企業が稼いだ利益のうち、どれだけを人件費として分配したかを表す割合のこと
  • 通常、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定をいう。FX取引においては一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済すること。日本ではFX取引のことを指すことが多い。
  • 会社が上場したときに、創業者や既存株主に対してかけられる「一定期間、または一定の株価になるまで株式を売ってはいけない」という制限される期間のこと
  • 通常、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定をいう。FX取引においては一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため保有ポジションを強制的に決済すること。日本ではFX取引のことを指すことが多い。
  • 会社が上場したときに、創業者や既存株主に対してかけられる「一定期間、または一定の株価になるまで株式を売ってはいけない」という制限される期間のこと

ではじまるー用語(2)

  • 一定の価格(行使価格)で、定められた期間内(行使期間)に、発行会社の株式を取得できる権利を持つ有価証券のこと新株予約権証券とも呼ばれる
  • 償還まで一切利払いが行われない債券
  • 一定の価格(行使価格)で、定められた期間内(行使期間)に、発行会社の株式を取得できる権利を持つ有価証券のこと新株予約権証券とも呼ばれる
  • 償還まで一切利払いが行われない債券

アルファベット

Aではじまるー用語(1)

  • 米国預託証券のこと

    米国以外の企業の株式を、米国株と同じ扱いで米国市場で売買できるもの

  • 米国預託証券のこと

    米国以外の企業の株式を、米国株と同じ扱いで米国市場で売買できるもの

Cではじまるー用語(4)

  • 差金決済取引のこと。

    証拠金を取引業者に預けて、株式株価指数、債券コモディティなど幅広い投資商品に差金決済により投資をする取引の総称。

  • 消費者物価指数のこと

    全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの

  • Commodity Research Bureauの略  コモディティ全体の市況を指標化したもの

  • 差金決済取引のこと。

    証拠金を取引業者に預けて、株式株価指数、債券コモディティなど幅広い投資商品に差金決済により投資をする取引の総称。

  • 消費者物価指数のこと

    全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの

  • Commodity Research Bureauの略  コモディティ全体の市況を指標化したもの

  • 企業の社会的責任、corporate social responsibilityの略。 社会的責任とは、人権尊重の労働条件,消費者への適切な対応,環境への配慮,地域社会貢献などを指す
  • 企業の社会的責任、corporate social responsibilityの略。 社会的責任とは、人権尊重の労働条件,消費者への適切な対応,環境への配慮,地域社会貢献などを指す

Dではじまるー用語(3)

  • ドイツにおける株価指数の中で最も注目されている指数で、優良銘柄30銘柄により算出される。時価総額加重指数として計算されている。
  • 企業財務の健全性を見る指標のひとつ

    企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す

  • デジタルトランスフォーメーションの略称

    デジタル技術を用いることで、生活やビジネスが変容していくこと

  • ドイツにおける株価指数の中で最も注目されている指数で、優良銘柄30銘柄により算出される。時価総額加重指数として計算されている。
  • 企業財務の健全性を見る指標のひとつ

    企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す

  • デジタルトランスフォーメーションの略称

    デジタル技術を用いることで、生活やビジネスが変容していくこと

Eではじまるー用語(4)

  • (イービットディーエー/イービットダー)Earnings Before Interest,Tax,Depreciatiion and Amotizationの略

    利払い・税金・償却前利益のことを指す

  • 1株当たりの利益のこと

    計算式は当期純利益÷発行済み株式数です

  • 環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のこと
  • (イービットディーエー/イービットダー)Earnings Before Interest,Tax,Depreciatiion and Amotizationの略

    利払い・税金・償却前利益のことを指す

  • 1株当たりの利益のこと

    計算式は当期純利益÷発行済み株式数です

  • 環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のこと
  • ExchangeTraded Noteの略

    上場投資証券」または「指標連動証券(リンク債)と呼ばれる上場商品

    金融機関が発行、保証する債券の一種

  • ExchangeTraded Noteの略

    上場投資証券」または「指標連動証券(リンク債)と呼ばれる上場商品

    金融機関が発行、保証する債券の一種

Fではじまるー用語(5)

  • REIT(不動産投資信託)の収益性を分析する手法のこと

    FFOは当期純利益減価償却費+(不動産売却損-不動産売却益)によって計算される。

  • Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、米国の金融政策を決定する会合のこと
  • 連邦準備制度理事会のこと。議長と7名の理事で構成されている、米国の中央銀行制度の最高機関。
  • REIT(不動産投資信託)の収益性を分析する手法のこと

    FFOは当期純利益減価償却費+(不動産売却損-不動産売却益)によって計算される。

  • Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、米国の金融政策を決定する会合のこと
  • 連邦準備制度理事会のこと。議長と7名の理事で構成されている、米国の中央銀行制度の最高機関。
  • ロンドン証券取引所における株価ベンチマークとなる指数のこと。ロンドン証券取引所において出来高のおよそ70%を占めている英国企業100社で構成されている。
  • 外国為替証拠金取引のこと

    二国間の通貨の売買 を行い、その差額による利益を狙う取引

  • ロンドン証券取引所における株価ベンチマークとなる指数のこと。ロンドン証券取引所において出来高のおよそ70%を占めている英国企業100社で構成されている。
  • 外国為替証拠金取引のこと

    二国間の通貨の売買 を行い、その差額による利益を狙う取引

Gではじまるー用語(4)

  • 先進七カ国のこと。世界における先進工業国が政策を協議する場。参加国はアメリカ、日本、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリアである。
  • 国内総生産。国内で生み出された付加価値の総額を指す
  • 物価動向を把握するための指数の一つ。GDP算出時に物価変動の影響を取り除くために用いられる。
  • 先進七カ国のこと。世界における先進工業国が政策を協議する場。参加国はアメリカ、日本、イギリス、カナダ、フランス、ドイツ、イタリアである。
  • 国内総生産。国内で生み出された付加価値の総額を指す
  • 物価動向を把握するための指数の一つ。GDP算出時に物価変動の影響を取り除くために用いられる。
  • 年金積立金管理運用独立行政法人のことで、厚生労働省所管の独立行政法人。日本の公的年金のうち、厚生年金と国民年金の積立金の管理・運用を行っている
  • 年金積立金管理運用独立行政法人のことで、厚生労働省所管の独立行政法人。日本の公的年金のうち、厚生年金と国民年金の積立金の管理・運用を行っている

Iではじまるー用語(4)

  • 国際会計基準、世界共通の会計基準のこと
  • 国際通貨基金のこと

    国際収支の悪化に陥った加盟国に対して融資を行う国際機関

  • 上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること
  • 国際会計基準、世界共通の会計基準のこと
  • 国際通貨基金のこと

    国際収支の悪化に陥った加盟国に対して融資を行う国際機関

  • 上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること
  • 企業が株主や投資家向けに経営状態や財務状況、業績の実績、今後の見通しなどを広報するための活動のこと
  • 企業が株主や投資家向けに経営状態や財務状況、業績の実績、今後の見通しなどを広報するための活動のこと

Jではじまるー用語(1)

  • 日本版の預託証券。Japanese Depositary Receiptの略。海外企業の株式債券等の外国有価証券を受益証券の形式で日本法に基づいて発行するもの。アメリカ版はADRという。
  • 日本版の預託証券。Japanese Depositary Receiptの略。海外企業の株式債券等の外国有価証券を受益証券の形式で日本法に基づいて発行するもの。アメリカ版はADRという。

Lではじまるー用語(1)

  • London Interbank Offered Rateの略称で、ロンドンの銀行間取引で資金の貸し手から提示される金利のこと。ロンドン銀行間取引金利とも呼ばれ、多くのユーロ債における参照金利として用いられる。
  • London Interbank Offered Rateの略称で、ロンドンの銀行間取引で資金の貸し手から提示される金利のこと。ロンドン銀行間取引金利とも呼ばれ、多くのユーロ債における参照金利として用いられる。

Mではじまるー用語(6)

  • Mergers合併)and Acquisitions買収)の略
    企業の合併、買収のこと
  • MACD(Moving Average Convergence Divergence)とは、テクニカル分析指標の一つ。日本語ではマックディーなどとも呼ばれる。
  • 経営陣による自社買収のこと

    企業の経営者側が自社株を購入して独立した法人とすること

  • Mergers合併)and Acquisitions買収)の略
    企業の合併、買収のこと
  • MACD(Moving Average Convergence Divergence)とは、テクニカル分析指標の一つ。日本語ではマックディーなどとも呼ばれる。
  • 経営陣による自社買収のこと

    企業の経営者側が自社株を購入して独立した法人とすること

  • 銀行の普通預金に類似した短期の公社債に投資する公社債投資信託
  • 証券総合口座で、投資資金を待機させておくための追加型公社債投資信託のこと
  • 企業が資金調達の際に行う行使価額修正条項付新株 予約権のことを表し,会社法上の新株予約権の一種
  • 銀行の普通預金に類似した短期の公社債に投資する公社債投資信託
  • 証券総合口座で、投資資金を待機させておくための追加型公社債投資信託のこと
  • 企業が資金調達の際に行う行使価額修正条項付新株 予約権のことを表し,会社法上の新株予約権の一種

Nではじまるー用語(4)

  • REIT(不動産投資信託)を評価する基準のひとつ

    純資産価値に対して現在の投資口価格(株価)が何倍であるかを示しているもの

  • 個人投資家のための税制優遇制度

    通常、株式や投資信託の売却益や配当・分配金には20%程度の税金がかかるが

    NISAを利用すると、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得た利益にかかる税金が非課税になる

  • ニューヨーク証券取引所のこと。ニューヨーク市のウォール街にある世界最大の証券取引所
  • REIT(不動産投資信託)を評価する基準のひとつ

    純資産価値に対して現在の投資口価格(株価)が何倍であるかを示しているもの

  • 個人投資家のための税制優遇制度

    通常、株式や投資信託の売却益や配当・分配金には20%程度の税金がかかるが

    NISAを利用すると、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得た利益にかかる税金が非課税になる

  • ニューヨーク証券取引所のこと。ニューヨーク市のウォール街にある世界最大の証券取引所
  • ダウ・ジョーンズ社が、アメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出し、ダウ式平均株価にて算出し、リアルタイムで公表するアメリカ合衆国の代表的な株価指数
  • ダウ・ジョーンズ社が、アメリカのさまざまな業種の代表的な銘柄を選出し、ダウ式平均株価にて算出し、リアルタイムで公表するアメリカ合衆国の代表的な株価指数

Pではじまるー用語(7)

  • 株価が割安か割高かを判断するための指標で、Price Book-value Ratioの略。和訳は株価純資産倍率と言う。

    単位は「倍」。

    株価が1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを示す。

  • 米商務省が公表する、米国の家計が消費した財やサービスを集計した経済指標
  • 株価キャッシュフロー倍率

    株価を一株当たり営業キャッシュフローで割ったもの

  • 株価が割安か割高かを判断するための指標で、Price Book-value Ratioの略。和訳は株価純資産倍率と言う。

    単位は「倍」。

    株価が1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているかを示す。

  • 米商務省が公表する、米国の家計が消費した財やサービスを集計した経済指標
  • 株価キャッシュフロー倍率

    株価を一株当たり営業キャッシュフローで割ったもの

  • PEGレシオ(Price Earnings Growth Ratio)。株式の予想株価収益率(PER)を一株あたり利益(EPS)の予想成長率で割って計算する。割安性を計るために投資家ジム・スレイダーが考案したもの。
  • 株価が割安か割高かを判断する指標で単位は「倍」 株価が1株当たり純利益の何倍の値段が付けられてかを示す

    Price Earnings Ratioの略で和訳は株価収益率

  • Producer Price Indexの略で、米国の労働省が毎月発表する生産者物価指数のこと
  • PEGレシオ(Price Earnings Growth Ratio)。株式の予想株価収益率(PER)を一株あたり利益(EPS)の予想成長率で割って計算する。割安性を計るために投資家ジム・スレイダーが考案したもの。
  • 株価が割安か割高かを判断する指標で単位は「倍」 株価が1株当たり純利益の何倍の値段が付けられてかを示す

    Price Earnings Ratioの略で和訳は株価収益率

  • Producer Price Indexの略で、米国の労働省が毎月発表する生産者物価指数のこと
  • 時価総額を年間売上高で割ったもの

    和訳は株価売上高倍率

  • 時価総額を年間売上高で割ったもの

    和訳は株価売上高倍率

Rではじまるー用語(4)

  • 「総資産利益率」  会社の総資産を利用してどれだけの利益を上げられたか数値化したもの
  • 「自己資本利益率」。株主が出資したお金を元手に、企業がどれだけの利益を上げたのかを数値化したもの
  • 投下資本利益率

    企業が事業活動のために投じた資金を使って、どれだけ利益を生み出したかを示す指標。

  • 「総資産利益率」  会社の総資産を利用してどれだけの利益を上げられたか数値化したもの
  • 「自己資本利益率」。株主が出資したお金を元手に、企業がどれだけの利益を上げたのかを数値化したもの
  • 投下資本利益率

    企業が事業活動のために投じた資金を使って、どれだけ利益を生み出したかを示す指標。

  • 相対強度指数、相対力指数とも呼ばれる相場テクニカル指標の一つ

    相場の売られすぎや買われすぎなどを図る指標。オシレーター分析の一種

  • 相対強度指数、相対力指数とも呼ばれる相場テクニカル指標の一つ

    相場の売られすぎや買われすぎなどを図る指標。オシレーター分析の一種

Sではじまるー用語(3)

  • 地球で暮らし続けられることを実現するために進むべき道を示した持続可能な開発目標
  • Smart-Order Routingの略称で株式の発注システムの機能

    複数市場から最良の市場を選択して、注文を出す仕組みのこと

  • 企業として社会的責任を果たしているかといった状況を考慮して投資対象を選ぶ基準のこと
  • 地球で暮らし続けられることを実現するために進むべき道を示した持続可能な開発目標
  • Smart-Order Routingの略称で株式の発注システムの機能

    複数市場から最良の市場を選択して、注文を出す仕組みのこと

  • 企業として社会的責任を果たしているかといった状況を考慮して投資対象を選ぶ基準のこと

Tではじまるー用語(2)

  • 株式公開買付けのこと

    不特定かつ多数の者に対して買付価格や期間などの公告等を通じて、その保有する株券等を売ってくれるように勧誘し、取引所外でそれらの株券等を買い付けること

  • 東証プライム市場の全銘柄の時価総額を指数化したもの
  • 株式公開買付けのこと

    不特定かつ多数の者に対して買付価格や期間などの公告等を通じて、その保有する株券等を売ってくれるように勧誘し、取引所外でそれらの株券等を買い付けること

  • 東証プライム市場の全銘柄の時価総額を指数化したもの

Vではじまるー用語(1)